「自由が丘で」待望の予告編が公開(C)2014 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

写真拡大

韓国の鬼才ホン・サンス監督が加瀬亮を主演に迎えた最新作「自由が丘で」の予告編が、このほど公開された。加瀬の自然な振る舞いと、ホン監督の独創的な映像手法が心地よい仕上がりとなっている。

かつての恋人クォンを追いかけて韓国・ソウルへやってきた主人公モリ(加瀬)が、クォンの部屋からほど近いゲストハウスに滞在しながら再会を待ちわびる姿を描き出す。ホン監督の大ファンだったという加瀬からのラブコールで、本作のタッグが実現。そのほかホン監督作常連のムン・ソリ、ソ・ヨンファらが脇を固めている。

予告編では、モリがソウルの街を往来してクォンを探し求める姿が切なく映し出されていく。一方で、ゲストハウスで出会ったサンウォンや、「自由が丘」というカフェの女主人・ヨンソンと絆を深めていく過程がみずみずしく描かれる。モリは「たとえ会えなくても構わないんだ。僕は間違いなく彼女を探しに来て、彼女を思ってる」と強がるが、果たして恋焦がれたクォンに会うことができるのだろうか。

また、本作は第71回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門に出品されており、予告編には米・バラエティ誌など各メディアの称賛のコメントも収められている。「自由が丘で」は、12月13日から全国順次公開。

■関連記事
【動画】「自由が丘で」予告編
【作品情報】「自由が丘で」
加瀬亮主演、ホン・サンス新作「自由が丘で」ポスタービジュアル公開!
加瀬亮、主演作「自由が丘で」は「宝物のような映画」と自信
吉田大八監督、韓国の奇才ホン・サンスに感服!「まるで魔法」