シャロン・ストーン

写真拡大 (全2枚)

映画『氷の微笑』などで知られる女優のシャロン・ストーンが出演した新作パイロット『Agent X』のシリーズ化に、このたび放送局の米TNTがゴーサインを出したという。シャロンがTV界にレギュラー復帰するのは、80年代初頭のドラメディ『Bay City Blues』以来、実に30年ぶりとなる。

【関連記事】一番稼いでいるのは誰!? ドラマ俳優の気になる出演料、おいくらでしょう? <後編>

アクション・シリーズ『Agent X』でシャロンが演じるのは米国初の女性副大統領に就任したナタリー・マカビー。ナタリーはAgent X(エージェントX)と呼ばれる極秘工作員とタッグを組み、世界的な脅威からホワイトハウス内での事件まで、FBIやCIAでは繊細すぎて扱うことができない難題に臨む。市民や大統領さえもその存在を知らない極秘工作員ジョン・ケースを演じるのは、『Chicago Fire』や『The OC』で知られるジェフ・ヘフナー。そして副大統領官邸の執事であり、ナタリーとジョンを引き合わせたマルコム・ミラード役を『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のジェラルド・マクレイニーが演じる。

シリーズ化の発表に際して、TNTの上席副社長のライラ・マッカーシーは、「TNTがアクション・ドラマのラインアップを拡大していくために、『Agent X』は完璧です。あふれるエネルギーとスリル、予想外の展開や大規模なアクションシーン、迫力のスタントをすべて兼ね備えたすばらしいドラマです」と声明のなかで述べ、自信をのぞかせた。

同局はシーズン1の製作を10話オーダー。放送開始は2015年の予定とのこと。

なお、本作で主演のシャロンは製作総指揮も兼任。ほかに映画『エアフォース・ワン』『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』のアーミアン・バーンスタインや映画『ボーン・アイデンティティー』のウィリアム・ブレイク・ヘロンが同じく製作に名を連ねている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・シャロン・ストーン、TNT製作アクション・ドラマのパイロット版で主演に!『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』シーズン7で終了へ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』ポール・ウェズレイ、映画『Mother's Day』でスーザン・サランドンらと共演!