グラドル漫画家が描く芸能界のウラ。大物の誘いを断ったら消される?
 Jリーガー合コンに業界人飲み、枕営業……一般人にとっては一生無縁ともいえる、華やかながらも怖い芸能界の裏側。そんな世界を「芸能界のドンから“沈められ”そうになりませんでしたか?」と心配になるほど、大胆に描いた漫画本が話題を集めています。それも『芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!? 三十路グラドルのつぶやき』。

 一体どういうつもりで描いたのか、描けなかった裏話はあるのか……など、気になることはたくさんあります。漫画家兼グラドルの著者のあさの☆ひかりさん(以下、あさのさん)に話を聞きました。

◆ホリエモンにツイートされた!

――そもそも漫画を描くことになったきっかけは、何だったのでしょうか。

あさの:グラドルとして活動し始めた頃、営業で出版社を回っていました。そのときに当時描いていた作品を、偶然なのか必然なのか持ち歩いていたんですよ。編集長に「漫画を描けるグラドル」というギャップが面白いと思ってもらえて、グラドルとしてのデビューに続き、漫画家としてデビューすることになったんです。

――それは必然だったのかと。でも、グラドルと漫画家の二足のわらじを履くのは、かなり大変な時期もあったのではないでしょうか。

あさの:23歳で芸能活動を始めたので、もう芸歴6年、漫画歴5年になるんですね……。今はほぼ漫画家としての活動がメインになっていますが、当時は“ネタ探し”のために芸能活動をしているようなものでした(笑)。テレビの仕事と漫画の締切がかぶったときには、もうどうしようもないので睡眠時間を削って描くしかなかったですね。移動時間にネームを書いていた記憶もあります。

――そんな努力が実を結び、初の単著出版となりましたが、反響はどうでしたか。

あさの:『芸能界の裏側〜』は『本当にあった笑える話Pinky』(ぶんか社)で連載していた「愚裸ドルのつぶやき」が本になったものなんです。この5年くらい絵日記を書くような、自然な感覚で続けてきました。なので、「これを描いちゃうんだ!?」と驚かれたり、マンガに登場した方に怒られたり、堀江貴文さんが「俺が出てる」とSNSでツイートしてくれたり……多方面から反響があるとは予想していませんでした。

編集注:その後、10月16日には、ホリエモンが「おすすめ本」を紹介するサイト「マンガHONZ」で『芸能界の裏側〜』の書評を書いている。 http://honz.jp/articles/-/40843

――堀江さん……! 怖い目には遭わなかったのでしょうか。

あさの:とある芸能界の大物から、呼び出しをくらいました。恐る恐る指定された場所に出向くと、その方と1対1だったんです。「一体何を考えてるんだ!」とお説教をされましたね。「これ以上やったら……」といった警告する目的もあったのかもしれません。でも、今日もこうして生きているので、まだ危険な目には遭っていないといえるのかと(笑)。

◆グラドルからAVへと堕ちていくパターンも……

――よかったです。とはいえ、当然業界の方々に気を遣って、ボカしている部分も多いですよね。本には描けなかったエピソードを教えていただきたいのですが。

あさの:単行本化にあたり“ギリギリのところ”を意識する必要があったので、描けなかったエピソードは結構あります(笑)。ひとつだけお話すると、巨乳好きな某大物タレントと合コンをしたんです。ある巨乳グラドルをロックオンした彼が「俺の女になれや〜」と迫っていました。でもその子は「勘弁してください」と断ったんです。その後、その子は(表舞台から)消えちゃいました。

――怖い世界……。芸能界から追放されたグラドルは、その後どこへ向かうのでしょうか。

あさの:AVですね。人前でセックスをする仕事に慣れてしまうと、抵抗がなくなってしまうのか、AV引退後は着エロや風俗へと流れていくのが定番。一般的な感覚を保っていられないみたいです。