ケイト・ウォルシュ

写真拡大 (全2枚)

『プライベート・プラクティス』のアディソン役でおなじみのケイト・ウォルシュが主演する、米NBCの新ドラマ『Bad Judge』が、早くもキャンセルになったと米TV Guideなどが伝えている。

【関連記事】海外ドラマスターを追え! » ケイト・ウォルシュ(Kate Walsh)

『Bad Judge』は、毅然とした仕事ぶりで評判の高い、ケイト扮する女性判事レベッカが、夜はパーティ三昧で自由奔放な私生活を送っている、という型破りな女性を描いたリーガルコメディ。『プラプラ』以降初の主演ドラマということで期待も高かったが、10月2日の初回放送の視聴者数は580万人にとどまった。以降、視聴率は低迷を続け、直近のエピソードの視聴者数は390万人と落ち込んだため、今回のキャンセルに至ったようだ。

また、番組が、判事という司法に携わるプロフェッショナルな女性の一面を描くのではなく、あくまでレベッカのセクシーな私生活に焦点を当てていることから、視聴者の間で"非現実的すぎる"との声も上がっていたとか。

ただしNBCは、当初オーダーした13話分は最後まで放映する予定だと発表。現在10話までの製作が完了しており、残り3話もこれから撮影を継続するという。

NBCはこの他、『私はラブ・リーガル』ベン・フェルドマン主演のコメディ、『A to Z』のキャンセルも伝えている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ケイト・ウォルシュは『Reign』に出演したかった!?人生にちょっと躓き、悩める女性たちに贈る『プライベート・プラクティス』シーズン2、7月よりAXNにて放送開始!!『プラプラ』いよいよ最終回! キャストがフィナーレ目前の心境を語る