キッカケは身近に!? 既婚者が不倫相手と知り合うシーンとは

写真拡大

【相談者:20代女性】
私は今、不倫の恋をしています。正しいことではないとは分かっていますが、気持ちを抑えられず、不倫の恋が始まってしまいました。誰もが正しくないこと、いけないことだとは分かっているのに、不倫の恋をしている人はとても多いように感じます。

私のように不倫の恋をしている女性が、どんなきっかけで恋が始まったのかを教えてください。

●A. 不倫相手との出会いは、やはり「職場」が多いよう。

こんにちは! ライターのコマツです。

ライターとして恋愛のことを書いていると、しばしばこのような婚外恋愛についての話が出てきます。男女の恋愛の形は様々ですので、やはり不倫や浮気などの婚外恋愛はけして避けられないものなんだなぁといつも痛感しています。

そして、質問者さんがおっしゃるように、ダメだとわかっていながらも不倫の恋にどんどんはまってしまう女性が多いのも事実ですね。

●出会いのきっかけは「職場」がダントツ

『日刊SPA!』が、既婚の男女200人を対象に、不倫(婚外恋愛)について行ったアンケートでは、男性40%、女性36%が不倫相手と「職場で知り合った」と回答していることが分かりました。

やはり、社会人となれば男女が出会う場は職場がほとんど。学生のころ、勉強やスポーツができたクラスの男子に憧れる人が多かったように、職場では仕事ができる人や優しく指導してくれた上司に心惹かれてしまうのは、ある意味当たり前とも言えるのではないでしょうか。

●続いてSNSなどの「ネット上での出会い」が上位に

アンケートの中で、職場での出会いの次に多かったのが、ネット上での出会い。SNSが普及したことと、スマートフォンなどでネットの使用がぐっと身近になったことが理由の1つです。

また、『Facebook』などで懐かしい同級生や昔好きだった人、元彼などとたまたま再会(?)して、そこから恋愛に発展するケースも非常に増えているようです。

●同窓会や子どもの学校での出会いなど、出会いのきっかけは多様です

職場やネット上以外でも、不倫の出会いのきっかけとしては同窓会で久しぶりに会った同級生や、子どもの幼稚園で知り合った親同士など、きっかけは非常にさまざまなよう。

やはり、メールやLINEなどで、簡単に誰とでも連絡が取れるという現代の流行が関係しているようですね。

不倫の恋は切なく、「今この瞬間しかない」という限定感から、深くはまってしまう人が多いもの。応援する気はありませんが、自分で決めた道を信じて進み、幸せな恋愛を手に入れてくださいね。

(ライタープロフィール)
コマツマヨ(リアル恋愛事情専門家)/奈良県生まれ、大阪市在住。焼酎バー店長、ウエディンググッズデザイン、行列のできる某有名スイーツ店の広報担当を経て、フリ―ライターに。主に美容・健康・恋愛など、女性向けジャンルでリアルな目線で執筆中。その毒舌な物言いで幼いころから姉御ポジションをがっちりゲットしている、生まれながらの姉御肌。どこに行ってもすぐに『マヨ姉』あだ名が付く。人間関係が苦手なくせに、人と話すのが好き。結婚5年目、夫と猫との3人暮らし。一人旅が趣味で、年に数回沖縄の離島など主に国内を旅行。旅先での新しい人や場所との出会いや視野を広げるのが楽しくて仕方ない。