ドラマ化が決まった「オペラ座の怪人」写真:Visual Press Agency/アフロ

写真拡大

ミュージカルや映画などでも広く知られる仏作家ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」が、新たに米ABCでテレビドラマシリーズ化されることがわかった。

米バラエティによれば、同じくABCで8シーズンにわたって放送された大ヒットシリーズ「デスパレートな妻たち」のクリエイター、マーク・チェリーがプロデュースを務める。キャストは未定。

同作がテレビドラマ化されるのは初めてではないが、今回は現代の音楽界を舞台にしたミュージカル要素のあるドラマになるという。また、「オペラ座の怪人」の最も有名なバージョンといえばアンドリュー・ロイド・ウェバーによるミュージカルだが、その楽曲は使用されない。

ちなみに、現代のロック界を舞台に「オペラ座の怪人」を翻案した映画には、ブライアン・デ・パルマ監督作「ファントム・オブ・パラダイス」(74)がある。

■関連記事
「デス妻」ファイナルシーズン、合計239歳の美魔女軍団ゴージャスビジュアル解禁
「フレンズ」コートニー・コックス、映画監督デビュー
「LOST」のテリー・オクィン、「HAWAII FIVE-0」に出演
「スクール・オブ・ロック」をアンドリュー・ロイド・ウェバーが舞台化
ギレルモ・デル・トロ監督「パンズ・ラビリンス」がミュージカル化