破局したスコット・イーストウッドとモデルのブリタニー・ブルーソPhoto by Mike Windle/Getty Images for Nylon

写真拡大

クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドが、モデルのブリタニー・ブルーソと破局した。

米ピープル誌によれば、スコットは米ベストセラー作家ニコラス・スパークスの小説を映画化する新作「The Longest Ride(原題)」に主演が決定しており、10月25日にラスベガスで開催された同作のプロモーションイベントに出席。その際、今年5月に熱愛が明らかになった恋人ブルーソの姿が見られなかった。破局について聞かれたスコットは、「僕は若い。来年3月で29歳だ。僕はただ自分のキャリアに集中しているんだよ」とコメントしたようだ。

原作「The Longest Ride(原題)」は、車の衝突事故に遭った91歳のアイラ・レビンソンが、亡き妻ルースとの若き日の恋愛を振り返る物語と、事故現場近くの町で行われたロデオ競技のイベントで、女子学生ソフィア・ダンコと若きブルライダーのルーク・コリンズが熱烈な恋に落ちる物語が並行して描かれ、この2組のカップルに共通点があることが次第に明らかになる。スコットがルーク役を演じ、スティーブン・キング原作のSFドラマ「アンダー・ザ・ドーム」でブレイクした若手女優ブリット・ロバートソンがソフィア役を演じる。全米公開は2015年10月4日の予定。

スコットはこのほかに、第2次世界大戦を舞台にしたブラッド・ピット主演の新作アクション「フューリー」にも出演しており、同作は11月28日から日本公開される。

■関連記事
イーストウッド監督&ブラッドリー・クーパーで伝説の狙撃手描いた新作、来年2月公開
カイル・イーストウッド、父親の監督作「ジャージー・ボーイズ」について語る
84歳のクリント・イーストウッドに新彼女
イーストウッド息子、ニコラス・スパークス小説の映画化に主演
C・イーストウッドの息子スコット「悪魔のいけにえ」続編で謎の保安官に