米BOX OFFICE MOJOは10月31日〜11月2日の全米週末興業成績を発表した。

ジェイク・ギレンホール主演のクライムサスペンス『Nightcrawler(原題)』が初登場首位にランクイン。報道カメラマンとして次々とスクープ映像を抑えていた主人公の男が取材にのめり込むうちに、LAの地下犯罪組織の傍観者から加担者へと変貌していくストーリー。『ボーン・レガシー』の脚本家であるダン・ギルロイが初監督を務め、役作りのために激痩せしたジェイク・ギレンホールも話題だ。

前週1位のマイケル・ベイがプロデュースしたオカルトホラー『『Ouija(原題)』は、僅差でトップから後退。前週2位の『John Wick(原題)』は6位に順位を落とした。

3位『フューリー』は前週と変わらず、トップ3圏内に留まる。4位『ゴーン・ガール』も前週同様で、トップ10内ランクインも公開5週間となり、地味にヒットを続けている。

5位『The Book of Life (2014) (原題)』も順位をキープ。以下は、『The Judge(原題)』が10位から9位に浮上した他は、すべて前週からワンランクずつダウンした。

○北米週末興行成績TOP 10(10月31日〜11月2日)

(神野恵美)