クリス・ミラーとフィル・ロード写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

米ワーナー・ブラザースの大ヒット3Dアニメ映画「LEGO(R) ムービー」の続編の脚本を、前作の監督と脚本を務めたクリス・ミラーとフィル・ロードが手がけると、米Deadlineが報じた。ミラーとロードはプロデュースもするが、監督も兼ねるかどうかは現在のところ未定。

世界で幅広く親しまれている玩具「レゴ」を題材にした3Dアニメーション。第1作は、世界興行収入4億6800万ドル(約506億円)の大ヒットを記録した。

前作では、平凡なLEGOフィギュアの作業員エメットが、ひょんなことから世界を救う「選ばれし者」と間違われてしまい、LEGOワールドを支配しようと企むおしごと大王から世界を救うため、個性的な仲間や人気ヒーローたちと悪に立ち向かっていく。続編のプロットは現時点では不明。

同続編は2017年5月26日の全米公開を予定。なお、同作に登場したバットマンを主人公にしたスピンオフ、LEGO版「バットマン」映画の製作も決定しており、ミラーとロードはそちらのプロデュースもすることになっている。

■関連記事
「LEGO(R) ムービー」でバットマン映画を製作
【インタビュー】「LEGO(R) ムービー」監督コンビが振り返る製作秘話
「LEGO(R) ムービー」クリエイター、「アメリカン・ヒーロー」をリメイク
「LEGO(R) ムービー」続編2作の公開日が決定
「LEGO(R) ムービー」大ヒットで玩具原作映画に再び脚光