遠野なぎこ

写真拡大 (全8枚)

有名人の中から最もふさわしいと存在を選び抜く「表彰イベント」。他と趣向が違って見えた“芸能界で一番の変わり者”を発表する催しがあった。

それは、「常識を超えた行動や言動で話題の人」にトロフィーを贈る表彰式で、『ベスト傾奇(かぶき)ニスト2014』と銘打たれたものだった。

都内にて2日、第1回目のイベントが実施されて、一番の変わり者の女性部門に、女優・遠野なぎこ。男性には、俳優・坂上忍が選出されていた。

遠野は今年5月に、元プロボクサーでバー経営者の男性と再婚し、わずか55日で離婚。1度目の結婚のときの72日をさらに上回る、スピード記録を作っていた。

壇上で「最も傾いた人。分かりやすく言うと“変わった人”」と紹介を受けたが、遠野は、満面の笑みで「めちゃくちゃ嬉しい」と声を弾ませていた。

スピード離婚を繰り返した。「今回は、考えすぎてダメになった。普通には生きられない。嘘がつけないから。テレビで、1回も嘘をついたことがない」と続け、正直に動いている結果だと伝えた。

この離婚は当時、ワイドショーでも大きく取り上げられた。「恥をさらしたが、恥ずかしいと思っていない。やり切った感があるから」とキッパリ。自らの生き方を貫いていた。

一方の坂上も「何か貰えると聞いて来ただけ。この賞、来年もあるの?」と、周囲を気にせずの発言。司会者を慌てさせていた。

▼ 受賞の喜びをガッツポーズで表した

▼ 記念の盾を受け取った、遠野

▼ かぶき者の意味を説明するコンパニオン

▼ 坂上の選出理由は「歯に衣着せぬ毒舌発言で話題になった」と紹介された

▼ 坂上忍

▼ ベスト傾奇(かぶき)ニスト2014の遠野なぎこ、坂上忍

▼ イベント司会者の山崎まさや