号泣する瀧内公美と笹野高史

写真拡大

笹野高史と瀧内公美がダブル初主演するサイコ・ブラックコメディ映画「グレイトフルデッド」が11月1日、公開初日を迎え、主演の笹野、瀧内と共演の木下ほうか、渡辺奈緒子、内田英治監督が、東京・新宿ミラノ3で行われた舞台挨拶に出席した。

本作がデビュー作で初主演となった瀧内は、挨拶を始めた途端「夢がかなったんだなって」と号泣。「ずっと映画女優になりたかった。小さい頃からの夢だった」という瀧内に、内田監督は、「生意気な野良犬みたいなところが役にピッタリだった」とオーディション当時を振り返りながら称えた。

笹野は、低予算なうえに残虐なシーンや性的なシーンが含まれる本作への出演に「はじめは躊躇した」という。それでも、「オファーは断らないというのが私の信条。家族会議を開きましたよ」と役者魂を見せつけた。瀧内とのラブシーンには「全く興奮しなかった」と明かし、「(自分に)ガッカリしております」とおどけてみせ、会場の笑いを誘った。

同作のプロデューサーを務め、出演も兼ねる木下が「ロケ地の方を怒らせてしまって、撮影できなくなってしまいそうになったことがありまして、土下座しました」と衝撃の告白をすると、笹野の無茶ぶりで土下座を再現することに。その姿に笹野は「偉いっ」とねぎらい、木下は「正直、演技の方が気が楽でした」と本音を吐露していた。

また、スケジュールの都合で欠席した矢部太郎から「観客の皆様にグレイトフルデッドが訪れますように」という謎の手紙が読み上げられると、会場は失笑まじりの気まずい空気に包まれた。

孤独な人間を観察すると趣味を持つ女性ナミ(瀧内)は、孤独死寸前の老人・塩見(笹野)を観察することに熱中していく。しかし塩見の前にボランティアの若く美しい女性スヨンが現れ、「信仰」という救いで塩見の人生を一変させる。幸せそうな姿を見て嫉妬心にかられたナミは、塩見を拉致監禁するという暴挙に出る。

■関連記事
【予告編】「グレイトフルデッド」
笹野高史が出演を躊躇したブラックコメディ「グレイトフルデッド」狂気の予告編公開!
怒号と悲鳴が入り混じる惨劇「ある優しき殺人者の記録」予告編解禁
三上博史×笹野高史×濱田岳、東野圭吾のドラマシリーズ“笑”に主演
村井良大&新納慎也、ゾンビ映画撮影中は「スーパー銭湯の仮眠室で寝た」