写真提供:マイナビニュース

写真拡大

第27回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが31日、東京・六本木のTOHO シネマズ 六本木ヒルズで行われ、新設された"SAMURAI(サムライ)賞"の第1回受賞者となった北野武監督とティム・バートン監督が表彰された。

トロフィーを受け取った北野監督は、「第1回東京国際映画祭に出たような気がするんですが、始めの頃は情けない映画祭で、緑のカーペットというわけのわからない、人をバッタ扱いにしていたオープニングだった」と一言目から北野節が炸裂。さらに、「SAMURAI賞という、賞金も何もつかない(賞)。HOYAのガラスの余ったもので作ったトロフィー」と毒舌を吐いた。

また、「俺1人は嫌だと言ったらティム・バートンさんを連れてくるってことで、その人と2人なら恥ずかしくないということで来ました」とコメント。そして、「最近、お笑いとかテレビとか映画でも、内心ムズムズすることがあって、脱皮するというか、昆虫のように、セミが急にトンボとか違うものになって飛んでいくような気が、内心していて」と明かし、「そのきっかけになれたら、この賞に本当に感謝します」と語った。

北野監督に続いてあいさつしたティム・バートン監督は、「この賞を、偉大な北野武監督と一緒に受賞するというのは、非常に名誉なことです」と北野監督に対する尊敬の気持ちを表し、「日本は大好きな国なんです。日本という国は、私の大好きな怪獣を生んだ国です。本当に光栄です」と日本への思いも語った。