岡田将生が男同士のキスを披露。ガジロウが故人のために奔走!/[c]2014「想いのこし」製作委員会

写真拡大

『陰日向に咲く』(08) や『ROOKIES』シリーズなど次々に感動作を生み出してきた平川雄一朗監督の最新作『想いのこし』が11月22日(土)に公開を迎える。ひとりの青年が、現世に未練を残したまま亡くなってしまった幽霊たちを成仏させようと奔走するヒューマンドラマ。主演を務める岡田将生が、自身のイメージとはほど遠いチャラ男に変貌し、驚くほど体を張った演技を披露しているのだ。

【写真を見る】ウエディング姿が意外と良く似合ってる?/[c]2014「想いのこし」製作委員会

岡田が演じるガジロウは女と金に目がないダメ男。甘いルックスで次々と女性を口説き、仲良くなった女性たちに高額でチケットを売りつける。そんなお気楽生活を過ごすガジロウだったが、ある交通事故をきっかけに、亡くなった人々から現世でやり残してしまった事を自分の代わりに遂行してほしいと依頼される。

自分が原因で事故を起こしたのにも関わらず、現れた幽霊たちの相談に「いくらくれるの?」軽口をたたくガジロウ。金しか見えてないチャラっとした今時の青年風が岡田によく似合う。また、結婚直前に亡くなった女性のためにウエディング姿で男性と誓いのキスをしたり、セクシーな衣装でポールダンスに挑戦したりと、衝撃的な姿も披露!綺麗過ぎないところがなんだか可愛らしく、思わずクスリとさせられる。

破天荒でふざけた男かと思いきや、意外にも頼りがいのある男のガジロウ。彼が幽霊たちと出会ったことで成長していく姿に胸がジーンと熱くなる。岡田の新たな一面に注目しながら、温かくユーモアあふれる本作をしっかり味わってほしい。【トライワークス】