ブリトニーが自ら立ち上げたランジェリーブランド/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

セレブの写真がエアブラシ修正されるのは今やあたり前の時代になったが、ブリトニー・スピアーズが広告塔のランジェリーブランドの写真が、あまりに実際と違いすぎるため、「やり過ぎ」の声が上がっている。

【写真を見る】以前の広告写真もエレガントな仕上がり!/写真:SPLASH/アフロ

自ら立ち上げたランジェリーブランドの広告塔を務めるブリトニー。広告写真では、レースのランジェリー姿に金髪のロングヘアのウィッグを付けている。しかし、顔の輪郭はほっそりしていて、目のまわりのしわもなく、鼻筋が通ったメイクはエレガントでまるで別人のように見える。

その翌日、ブリトニーが短いボブにジーンズ姿でドラッグストアに買い物に出かける姿をパパラッチされているが、「額が生えあがり、ウィッグなしのヘアは薄く、目のまわりのしわもはっきりと出ている。ランジェリーの写真は上半身しか写っていないが、身体も顔もエアブラシでスリムに修正されているのは明らかだ。現実のブリトニーの方がふくよかでヘルシーに見えるが、本人とわからないほどの修正は少しやりすぎではないかという声があがっている」と、デイリー・メール紙が双方の写真付きで掲載している。【NY在住/JUNKO】