点灯式に登場した日本エレキテル連合のふたり

写真拡大

お笑い芸人「日本エレキテル連合」の中野聡子と橋本小雪が10月30日、東京・ダイバーシティ東京プラザのクリスマスイルミネーション点灯式に登場した。2人はこの日、「ダメよ〜、ダメダメ」のかけ声とともに点灯スイッチオン。約40万球の電飾が備えられたイルミネーションがあたりを色鮮やかに染め上げると、集まった見物客はロマンチックなムードにうっとりとしたため息を漏らした。

「ダイバーシティ劇的クリスマス ILLUMINATION WITH RED」と題されたイルミネーションのテーマは「未来 future」。現在ブレイク中の日本エレキテル連合だが、自身の“未来”を聞かれると「未来永劫、白塗りでも人気を保つ!」(中野)、「皆に一杯ネタを見てもらえるようにしたいです」(橋本)と意欲を語った。さらに一般の観客にも写真撮影が許されると、中野は「Twitterで『全然あの子たち消えない、来年もまだいけるよ』ってつぶやいてください」と必死にアピールしていた。

また、本イベントが韓国出身アーティスト「東方神起」とコラボレーションしていることからチャンミンとユンホからのメッセージが届き、チャンミンが「ダメよ〜、ダメダメ」とおどけてみせるひと幕もあった。11月5日発売のニューシングル「TimeWorks Wonders」のミュージックビデオも披露され、観客からは大きな歓声が沸き起こっていた。

「ダイバーシティ劇的クリスマス ILLUMINATION WITH RED」は、10月30日から2015年1月13日まで点灯。期間中の午後5時〜11時の毎時45分からはツリーオブジェ、大階段、光のタワー、大型ビジョンが「Time Works Wonders」と連動するイルミネーションショーが実施されるほか、11月4〜21日には同所・4階エンタメスペースで「東方神起の軌跡展 Time Works Wonders」が催される。

■関連記事
三浦翔平、窪田正孝ら「カノ嘘」劇中バンド、楽曲をライブ演奏!
佐々木希&chay、東京・代官山イルミネーションにうっとり
7代目コント王へ個性豊か10組、さらばVSきん枝甥など一騎打ち!
ムロツヨシ、ドラマ初主演を果たすも「誰も気づかない」と嘆き節
シソンヌ狂喜!盟友との一騎打ち制しコント王 “女優”で映画出演の野望も