11月2日(日)に行なわれる、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)。今年はGI馬6頭(※)が顔をそろえ、実力馬たちによるハイレベルな戦いが予想される。

※天皇賞・秋に出走予定のGI馬6頭は以下のとおり。トーセンジョーダン(牡8歳)=2011年天皇賞・秋。ジェンティルドンナ(牝5歳)=2012年桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンカップ、2013年ジャパンカップなど。カレンブラックヒル(牡5歳)=2012年NHKマイルC。フェノーメノ(牡5歳)=2013年天皇賞・春、2014年天皇賞・春。エピファネイア(牡4歳)=2013年菊花賞。イスラボニータ(牡3歳)=2014年皐月賞。

 しかしこのレースは、これまでタイトルに縁のなかった馬が、近走で着実にステップアップを重ねて、大躍進の末に「GI初制覇」を遂げてきた舞台であることも忘れてはならない。

 その筆頭と言えるのが、昨年の覇者ジャスタウェイ(牡5歳)だ。同馬は、昨年の天皇賞・秋(2013年10月27日)を制すまでは、GI戦線においては「伏兵」の一頭に過ぎなかった。重賞実績は3歳時にGIIIを1勝したのみ。お世辞にも、GIで「主役」になるような存在とは言えなかった。

 それが、本番前のGII、GIIIレースで3戦連続2着。勝ち切るまでには至らなかったものの、徐々に力をつけていくと、天皇賞・秋で"大化け"。今回も出走する、三冠牝馬(桜花賞、オークス、秋華賞)のジェンティルドンナ(牝5歳。当時4歳)や、2012年天皇賞・秋の勝ち馬であるエイシンフラッシュなどを相手にして、4馬身差の圧勝劇を演じたのだ。

 ジャスタウェイは今年に入っても、ドバイデューティフリー(3月29日/ドバイ・芝1800m)や安田記念(6月8日/東京・芝1600m)といった国内外のGIを制覇。天皇賞・秋での"豹変"が、確かな成長によるものであったことを証明している。

 その他にも、天皇賞・秋で初のGI勝利を決めた馬はいる。例えば、2011年の優勝馬であるトーセンジョーダン(牡8歳。当時5歳)。GIではやや力が足りず、前走で札幌記念(札幌・芝2000m)を快勝しながら、戦前は「GIIまでの馬」という評価しか得られずに7番人気にとどまっていた。しかし本番で、それまでとは一変する走りを披露。ダークシャドウとの叩き合いを制して、1分56秒1のレコード勝ちを収めた。

 さらには、2009年の勝ち馬カンパニー(牡、当時8歳)も忘れてはならない。こちらも、それまではGIレースでは3着が精一杯の"脇役"的な存在だった。しかし前哨戦のGII毎日王冠(東京・芝1800m)を制すと、その勢いのまま天皇賞・秋も完勝。続く、GIマイルCS(京都・芝1600m)も勝利して、驚異的な成長力を見せた。

 これら以外にも、2005年のヘヴンリーロマンス(牝、当時5歳)や、1998年のオフサイドトラップ(牡、当時8歳)、1995年のサクラチトセオー(牡、当時6歳)に、1994年のネーハイシーザー(牡、当時5歳)など、天皇賞・秋で初めてGI制覇を果たした馬は多い。

 特筆すべきは、これらの馬すべてが4歳以上の「古馬」ということ。キャリアが浅く、まだまだ伸びしろがある3歳馬ならば、この舞台で躍進してGI初勝利を遂げても何ら不思議ではない。2002年に勝ったシンボリクリスエスなどは、そのケースだ。しかし、古馬によるGI初制覇がこれほど起きているのは、看過できない事項と言える。

 理由はさまざま考えられるが、そのひとつに挙げられるのは、臨戦過程。近年、天皇賞・秋に挑む実績馬たちは、夏の休養から「ぶっつけ本番」という形で参戦することが多い。一方で、同舞台で初のGI勝ちを決めた馬のほとんどは、夏のレースや前哨戦を使って、そこである程度の結果を残して本番に向かっている。その臨戦過程の差が、逆転の一因になっているのかもしれない。

 そして今年も、有力視されているGI馬たちの多くは、数カ月の休み明けで臨んでくる。だとすれば、GIタイトルのない古馬にもチャンスがあるのではないか。直近の前哨戦、あるいは夏場のレースでそれなりに成長した姿を見せてきた馬なら、その勢いに乗って逆転できる可能性もあるはずだ。

 そこで着目したいのが、マーティンボロ(牡5歳)、ディサイファ(牡5歳)、スピルバーグ(牡5歳)という、ディープインパクト産駒の3頭。いずれもデビュー当時から「能力が高い」と言われてきた馬たちで、本格化の兆しを見せつつある。実際、マーティンボロとディサイファは、今年初めて重賞タイトルを獲得し、勢いも十分だ。

 とりわけマーティンボロは、春シーズンの出産が一般的な日本において、8月20日に誕生した極端な"遅生まれ"。これは、生産牧場の実験的な試みによるものだが、生まれが遅い分、5歳になっても成長の余地がある。昨年のジャスタウェイ同様、レース後に勢力図を一変させてもおかしくない。

 ともあれ、今回いちばん魅力を感じるのは、3頭の中で唯一重賞勝ちのないスピルバーグだ。

 同馬は5歳でありながら、体質の弱さもあって、まだ12戦しかキャリアを積んでいない。いまだ成長過程にある。そのうえで、昨秋より体質が徐々に強化されると、下級クラスから一気に3連勝を飾った。それから夏を越して、4カ月半ぶりに臨んだ前走の毎日王冠(10月12日)でも、勝ち馬からコンマ1秒差の3着と好走。しかも、直線で進路が狭くなる不利を受けながらの結果ゆえ、「スムーズであれば......」と、先々に一層の期待を膨らませた。

 そもそもスピルバーグは、デビュー3戦目となった2012年のGIII共同通信杯(東京・芝1800m)で、のちの皐月賞馬ゴールドシップと、ダービー馬ディープブリランテに肉薄。2頭に負けはしたものの、僅差の3着と健闘している。その実績を考えれば、今回対戦するGI馬たちにも決してひけをとらないだろう。

 スピルバーグを管理するのは、藤沢和雄調教師。一時代を築いたトップトレーナーも、GI制覇は2006年から遠ざかっている。しかし藤沢調教師と言えば、これまでに自らの管理馬で天皇賞・秋を4勝もしている。また、3歳の有力馬を、同世代で競う菊花賞(京都・芝3000m)ではなく、古馬と争う天皇賞・秋にぶつけて、結果を出してきた先駆者でもある。近年のトレンドとなっているこのローテーションを作り出したのは、まさしく彼なのだ。

 そんな藤沢調教師が送り出すスピルバーグなら、天皇賞・秋の舞台で才能が花開いてもおかしくない。はたして、今年も古馬による"GI初制覇"が成し遂げられるのか、注目である。

河合力●文 text by Kawai Chikar