マルファン症候群で亡くなった父親が娘に残した手紙が感動的

ざっくり言うと

  • マルファン症候群で亡くなった父親が、17年分の手紙を1歳半の娘に残した
  • 娘が18歳になるまで、毎年誕生日に開封するようにしたためられていた
  • 6年間にわたり書き綴られた、ノート1冊分の詩集も発見されたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x