ホリエモン

写真拡大

10月29日、牛の生レバーを提供したとして、京都府警が焼肉店の経営者を食品衛生法違反の疑いで逮捕したと報じられた。

このニュースに対し、ライブドア元代表取締役社長のホリエモンこと堀江貴文さん(@takapon_jp)は『Twitter』にてLINE NEWSのアドレスを貼って

こんなんで逮捕とか終わってるよほんと

とツイート。また、高須クリニック院長の高須克弥さん(@katsuyatakasu)はそのホリエモンのツイートをRTし

保健所の指導レベルの話ではないかな?しっかり焼くか生焼けにするかはお客の裁量だろ?

とツイートしていた。

牛の生レバー提供による逮捕は、今回で全国2例目。現在、焼肉屋では牛のレバーを「生でも食べられるけど、ちゃんと焼いて食べてくださいね」という感じで提供、そして客が生で食べてもスルーしているところが結構あるように思われるが、このお店は“裏メニュー”として生でも提供できると客に知らせていたとのこと。

ネット上では、「客の自己責任、逮捕はやりすぎ」という意見もあれば、「生食は危険だから規制もやむなし」という意見もあり反応はさまざまのようである。

※画像は『Twitter』より