27日、韓国観光公社によると、2014年1〜9月の期間、韓国を訪れた外国人観光客数は延べ1068万67人に達した。この勢いを継続できれば、2014年は通年で1360万人の外国人観光客が訪れる見込み。写真は韓国のレストラン。

写真拡大

2014年10月27日、韓国観光公社によると、2014年1〜9月の期間、韓国に訪れた外国人観光客数は延べ1068万67人に達し、前年同期比で15.4%増加した。この勢いを継続できれば、2014年は通年で1360万人の外国人観光客が訪れる見込みで、2013年に続き史上最多を更新するという。韓国・聯合ニュースを引用し、中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

中でも、中国人観光客の増加は著しく、1〜9月の中国人観光客数は延べ468万3415人で、前年同期比36.5%増。外国人観光客全体の43.9%を占めた。

一方で、日韓関係の悪化や円安などの影響で、日本人観光客は174万79人に減り、前年同期比15.7%減少した。報道によると、日本以外の国や地域はいずれも増加傾向にあり、ロシアとタイの観光客はそれぞれ26.4%、23.7%増えている。(翻訳・編集/内山)