厳選!2歳馬情報局
第16回:レッドベルダ

 一頭の母馬の繁殖生活において、産駒から2頭の活躍馬が出ることは決して珍しくない。しかし、いくら繁殖牝馬として優れているとはいえ、3頭、4頭......と、重賞レースで活躍するような馬を輩出し続けることは稀(まれ)なこと。

 そうした状況にあって、デビューする子どもが軒並み重賞レースで奮闘している、優秀な繁殖牝馬がいる。1998年生まれのエリモピクシー(父ダンシングブレーヴ)である。

 エリモピクシーの産駒で、これまでにデビューしたのは4頭。初仔のリディル(牡/父アグネスタキオン)は、重賞2勝(デイリー杯2歳S、スワンS)を含めて通算5勝の成績を残した。2番仔のクラレント(牡5歳/父ダンスインザダーク)にいたっては、これまでになんと重賞を6勝。今夏にも、関屋記念と京成杯オータムハンデと、芝1600mのGIIIを連勝した(その他の重賞勝利は、デイリー杯2歳S、富士S、東京新聞杯、エプソムC)。

 さらに、3番仔のレッドアリオン(牡4歳/父アグネスタキオン)と、4番仔のサトノルパン(牡3歳/父ディープインパクト)も、重賞レースで2着と好走。GIのNHKマイルC(東京・芝1600m)では、高い支持を得ていた(レッドアリオン=3番人気4着。サトノルパン=4番人気9着)。

 いまだGIのタイトルこそ手にしていないものの、すべての産駒がオープン馬にまで出世。短距離、マイルの重賞レースでは、常に話題を集める存在となってきた。

 そんな偉大なる母エリモピクシーの産駒が、今年の2歳馬の中にもいる。まもなくデビューを迎える、栗東(滋賀県)・安田隆行厩舎に所属するレッドベルダ(牝2歳/父ディープインパクト)だ。

 前述のとおり、兄すべてが結果を出している血統の持ち主だからこそ、当然ながらトレセンでの注目度は高い。関西競馬専門紙のトラックマンが同馬について語る。

「10月9日のゲート試験を合格してから、じっくりと調整されていますね。軽めの調教中心で、早いタイムはそれほど出していませんが、陣営からは『おとなしくて乗り味がいい』という評価が出ています。走りからも『いいバネがありそう』とのことで、この血統ならではの素質を感じますね」

 ここまで大きなアクシデントはなく、順調に調教を消化しているレッドベルダ。ゲート試験合格後には、11月1日の2歳新馬(京都・芝1600m)をデビュー戦の舞台に定め、鞍上には新馬の扱いに定評のある、トップジョッキーの福永祐一騎手を確保した。

「これまでエリモピクシーの産駒は、そのほとんどを、ベテランの橋口弘次郎調教師(栗東)が管理してきました。また、この母にとってレッドベルダは、初めての牝馬。そのあたりについては、安田調教師も『どうやって育てていくか、少し難しい面はある』と言っています。ただ、『それ以上に血統的な魅力がある。楽しみのほうが大きい』と、デビュー後の活躍に期待を膨らませているようです」

 エリモピクシーの子を多数預かってきた橋口調教師は、再来年の2月に定年を迎える。安田調教師は初めてこの血統を手がけることになるが、GI6勝(海外も含む)のロードカナロア(牡)をはじめ、マイル、短距離馬の育成では一目置かれている同師なら、心配はいらないだろう。

 コンスタントに活躍馬を送り込む母エリモピクシー。5頭目の産駒レッドベルダは、兄たちのあとに続いていけるか。デビュー戦から目が離せない。

河合力●文 text by Kawai Chikara