東西の観光施設に明暗くっきり 東京スカイツリーなどが伸び悩み

ざっくり言うと

  • 東西の目玉観光施設の来場者数に、顕著な違いが現れている
  • USJは新エリアオープンの効果で、8月の入場者は前年同月比6%増の133万人
  • スカイツリーの4〜6月期の来場者数は前年同期比15万人減の141万人

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x