最新医学で「座っている時間」と「寿命」の関係が初めて明らかに

ざっくり言うと

  • 座り続けること自体が人間の寿命を縮める可能性があると専門家が発表した
  • 運動時間を増やすよりも、座っている時間を減らすことが大切だと示唆
  • 30分ごとに1〜2分の休憩を取って、椅子を離れるようにすることを勧めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x