吉田羊の芝居に「感銘した」という中井貴一

写真拡大

今月26日からバラエティ番組のレギュラーに初挑戦するなど、最近ますます活躍の幅を広げている女優の吉田羊。そんな彼女が、ラジオ番組で人生を変えた出会いについて語った。吉田は、ある俳優が自分と三谷幸喜との縁を作ってくれたことを明らかにした。

10月22日放送のラジオ番組『春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)に、女優の吉田羊がゲスト出演し、自身の“人生を変えた出会いベスト3”を明かした。

第3位はマネージャーを務める通称“Yマネさん”で、吉田は「何者でもない私を“吉田羊”に仕立ててくれた方」と言い、彼女なくしては「今の吉田羊はないです」と語った。そんなYマネさんからは所作や常識などを教わることが多いそうで、笑いながら「もうお母さん(みたいな存在)です」と口にした。

第2位は、2009年に行われた演劇集団「東京サンシャインボーイズ」15年ぶりの復活公演に吉田を抜擢した三谷幸喜だった。劇団員以外で、同公演に出演したキャストは吉田ただ一人。演劇界で「アイツは一体誰なんだ?」と話題となり、そこから徐々に仕事での縁が広がっていったそうだ。吉田は三谷に対して「この方なくしては語れないですね」と感謝の気持ちを述べていた。

そして栄えある第1位は、三谷作品出演のきっかけを作ってくれた俳優の中井貴一であった。2008年放送のNHK朝の連続テレビ小説『瞳』に出演していた吉田を見た中井が、自らNHKに「あの子は誰だ?」と問い合わせたことから縁ができたという。それから中井は当時撮影中だったドラマ『風のガーデン』に吉田を呼んだのだが、その際彼女に「あなたの芝居にとても感銘を受けました」と優しく声をかけたそうだ。

また中井は、「東京サンシャインボーイズ」復活公演のゲスト役をキャスティング中だった三谷に「僕が最近見つけた女の子がいるんだけど、会ってみる?」と言って、吉田のことを推薦したという。ちなみに2009年3月18日の『吉田羊オフィシャルブログ「放牧日記」』では、「東京サンシャインボーイズ」復活公演初日を観劇した後の中井の言動について以下のように綴られている。

「終演後、不安げに駆け寄る羊に、『とても良かったから、自信を持ってやりなさい』と声をかけてくださり、中井さんの顔をつぶしてはいかん、というプレッシャーもあった羊は見事なまでの嬉し泣き男泣き。」

この日の放送では、今まであまり知られてこなかった吉田羊の“女優人生の分岐点”となった3人との出会いが明らかになった。
(TechinsightJapan編集部 TORA)