3歳牡馬クラシックの最終戦となる、GI菊花賞(10月26日/京都・芝3000m)。昔から、三冠レースの中で「もっとも強い馬が勝つ」と言われているが、近年は波乱の結末も多い。

 過去10年の菊花賞を振り返ってみても、1番人気の本命馬が5勝を挙げている一方で、7〜8番人気の馬が4勝もしている。また、12年前(2002年)には、10番人気のヒシミラクルが勝利しており、2000年以降の菊花賞は、本命馬が人気に応えるか、あるいは波乱になるかの"二極化"が顕著になっている。

 菊花賞でこれほど伏兵が台頭するのは、3歳馬にとって未知となる3000mの距離、あるいは、夏場に急激な成長を遂げた"新星"がこの舞台で真価を発揮すること、などが理由だろう。さらに近年は、3歳トップクラスの馬たちが、距離適性を考慮して菊花賞を回避するケースも多く、メンバーが手薄になるため、さらに波乱が起きやすくなっている。

 今年の菊花賞も、皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)を制したイスラボニータ(牡3歳/父フジキセキ)が回避。天皇賞・秋(11月2日/東京・芝2000m)に向かう。

 それにより、日本ダービー(6月1日/東京・芝2400m)を勝ったワンアンドオンリー(牡3歳/父ハーツクライ)の「一強」の様相を呈している。同馬は、秋の始動戦となった神戸新聞杯(9月28日/阪神・芝2400m)を勝利して、態勢は万全。当日は圧倒的人気が予想される。が、波乱も頻繁に起こっている菊花賞を振り返ると、思わぬ伏兵に足元をすくわれるケースも頭をよぎる。

 では、いったいどのような馬が「足元をすくう伏兵」となり得るのか。近年、大金星を挙げた菊花賞馬を振り返りながら、今年その可能性がある馬を探してみたい。

 過去10年の菊花賞において、人気薄で勝利した4頭は以下の通りとなる。

2004年:デルタブルース(父ダンスインザダーク)=8番人気(単勝4510円)
2006年:ソングオブウインド(父エルコンドルパサー)=8番人気(単勝4420円)
2009年:スリーロールス(父ダンスインザダーク)=8番人気(単勝1920円)
2010年:ビッグウィーク(父バゴ)=7番人気(単勝2320円)

 4頭を見てまず気になるのが、父ダンスインザダークの産駒が2頭いること。ダンスインザダークは1996年の菊花賞を制し、種牡馬となってからも長距離戦の得意な産駒を数多く輩出。実際、上記2頭以外にも、産駒のザッツザプレンティが2003年の菊花賞を制している。未知の距離だからこそ、ステイヤーの血が頼りになると言えよう。

 今年の出走予定馬にダンスインザダーク産駒はいないが、やはり長距離血統には気を配りたい。その観点から見て侮れないのが、ショウナンラグーン(牡3歳/父シンボリクリスエス)。母の父は2001年の菊花賞馬マンハッタンカフェで、同馬は種牡馬になってからも、2011年の天皇賞・春(京都・芝3200m)を制したヒルノダムールなど、長距離の得意な産駒を出している。

 また、ショウナンラグーンの祖母はGIを5勝したメジロドーベル。「メジロ」と名の付く軍団と言えば、メジロマックイーンなどの名ステイヤーを次々に出してきた名門で、メジロドーベルもその伝統的な血脈の中で生まれた"女王"。ショウナンラグーンを管理する大久保洋吉調教師も、「3000mでも距離が足りないぐらいに思っている」と話しており、メジロの血を継ぐ同馬が、長距離戦で飛躍することは十分に考えられる。

 ダンスインザダークを父に持ち、伏兵として菊を制したスリーロールスとデルタブルース。この2頭には、他にも共通点がある。それは、菊花賞への臨戦過程。ともに、本番前のトライアル戦には出ず、1000万下の"下級クラス"を快勝、その勢いでGIを制した。

 特にスリーロールスについては、1000万下とはいえ、2着を4馬身も突き放す圧勝で菊花賞に向かっている。成長をうかがわせる勝利にもかかわらず、本番で人気が上がらなかったのは、「あくまで下級クラスを勝ったに過ぎない」という評価にとどまってしまったことだ。しかし、この2頭の勝利を見ると、下級クラスから直接挑む馬も無視できない。

 そんな1000万下のレースを制して菊花賞に向かう馬が、今年もいる。ゴールドアクター(牡3歳/父スクリーンヒーロー)だ。春はGIIの青葉賞(5月3日/東京・芝2400m)で4着など、一歩足りなかったものの、8月には札幌で500万下→1000万下の条件戦を連勝。しかも、芝2600mという長距離戦で完勝し、いかにも菊花賞向きのタイプと言える。

 コンビを組む吉田隼人騎手も、本番に向けて手応えをつかんでいるようで、「折り合いがついてマイペースで運べた。ここで(菊花賞の出走ラインとなる)賞金を獲得できたのは大きい」と前走後にコメント。3000mへの準備は万端で、条件戦からでも一気にGIを奪取する下地は整っている。

 過去10年の菊花賞で大金星を挙げた残り2頭、ビッグウィークとソングオブウインドで共通するのは、大本命馬が本番にいたこと。ビッグウィークのときは単勝2.1倍のローズキングダム(2着)が、ソングオブウインドのときは単勝2.0倍のメイショウサムソン(4着)が、断然の人気を得ていた。そして、その逆転劇を生んだのは、ともに「展開」が大きなカギになっていた。

 ビッグウィークは、本命ローズキングダムが後方で待機する形をとる中、スローペースを2〜3番手につけて、早めに抜け出して勝利した。一方、ソングオブウインドは、厳しいペースをメイショウサムソンら人気馬が前方で競う状況にあって、大きく離れた後方で息をひそめ、最後の直線で強襲し快勝した。どちらも、大本命馬からかなり離れた位置でレースを進め、タイトルを手にしたのだ。

 大本命馬ワンアンドオンリーがいる今年、展開次第で同様の波乱が起こってもおかしくない。もし、ワンアンドオンリーが前走・神戸新聞杯のように後方からレースを進めるとなると、先行馬にチャンスがある。マイペースで行くと粘り強いシャンパーニュ(牡3歳/父チチカステナンゴ)や、前述のゴールドアクターなどが、ビッグウィークの"再現候補"と言えよう。

 ただし、神戸新聞杯でワンアンドオンリーは、3コーナーから一気にスパート。先行勢を力任せに潰していく競馬を見せた。菊花賞でも同じことを行なった場合、一転、先行勢にとってはかなりタフなレースとなる。そうすると、ワンアンドオンリーが動いてもじっと我慢し、最後の直線にかける追い込み馬、ソングオブウインドのような馬が台頭する可能性がある。その候補となるのは、過去に後方一気のレースを決めている、ヴォルシェーブ(牡3歳/父ネオユニヴァース)あたりだろうか。

 ちなみに、ソングオブウインドも、ビッグウィークも、春のクラシックには縁がなく、夏場に力をつけて神戸新聞杯で3着と好走した。それに照らし合わせると、今年の神戸新聞杯3着馬、トーホウジャッカル(牡3歳/父スペシャルウィーク)も気になる存在だ。

 下馬評では、ダービー馬ワンアンドオンリーの二冠達成が濃厚とされるが、波乱の歴史が繰り返されてきた菊花賞。今年も、淀の3000mの舞台で"下剋上"が起こるのか、興味は尽きない。

河合力●文 text by Kawai Chikara