女同士の熾烈な戦い! 好きな人をライバルに取られないための秘訣4選

モテる人を好きになってしまったらライバルが多いのは当然ですが、だからといって簡単にあきらめることはできませんよね。では、ライバルに好きな人を取られないために、女性たちはどんなことをしているのでしょうか? アンケートで秘訣を聞いてみました。

■ライバルをけん制

・「付き合っていることを公言して、指輪をつけること」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「好きな人との仲のよさを、ライバルとも知り合いの第三者の友だちに触れ回ってけん制する」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「好きになったことを主張する」(28歳/自動車関連/技術職)

ライバルをけん制するために彼と付き合っている、彼のことが好きということを公言してしまうという女性もいるようですね。確かに、まわりも公認の仲という雰囲気ができ上がってしまうと間に割って入るのは難しそうです。

■あえてライバルに接触

・「自分から先に、ライバルになりそうな子に恋愛相談をしてしまう」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ライバルにあえてやさしくして罪悪感を植え付ける」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

できれば顔を合わせたくないライバルに自分から接触するという女性も。恋愛相談を持ちかけたり、やさしくされたりした相手の好きな人に手を出そうと思える人はなかなかいないですもんね。

■ライバルを出し抜く

・「ライバルにおくれをとらないように、自分から行動する」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「しれっと出し抜くこと。初めての彼は出会ったイベントで女の子に囲まれていたけれど、イベント終了まで近くにいて、その日のうちに仲よくなって、デートの約束をこぎつけて、トントン拍子で付き合うことになった」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「いつも自分が一歩先を行くように、うまく立ち回る」(27歳/機械・精密機器/技術職)

ライバルの存在に気づいたらおくれを取らないようにまず行動に移すという女性もいます。ちょっとの迷いで彼をほかの女性に取られてしまったら後悔してもしきれません。

■彼との仲を大事にする

・「忘れられないように連絡をとること」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「女性らしさを忘れず、会話もため息まじりや悪口ばかり言わず、一緒にいて楽しいと思わせられるように心掛けている」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ほかの女性が入り込めないほど彼との仲をしっかりしたものにするという女性もいるようですね。仲のいいカップルを別れさせてまでと思う意地の悪い女性じゃなければ、仕方なしに諦めてくれそうです。

彼と付き合う前なのか、あとなのかによっても対処の仕方は変わりますが多くの女性はライバルがいると思ったら積極的に行動に移すようです。ライバルを選ぶかあなたを選ぶかを決めるのは男性ですが、何もせずにいるよりは行動あるのみ! みなさんもぜひ参考にしてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数181件(22歳〜34歳の働く女性)