バイエルンと対戦し1−7の大敗…ローマ監督が心情を吐露

ざっくり言うと

  • 21日にバイエルンと対戦して1−7と大敗したローマの監督が心境を語っている
  • 「一番に間違いを犯したのは私だ。戦略を誤った」と、自らの責任を認めた
  • リーグ戦に目を向けなければいけないと、前を向くことの重要性を強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング