世界的なファッションデザイナーのオスカー・デ・ラ・レンタが死去/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

先日のヴェネチアでの挙式で、ジョージ・クルーニーの妻アマルが着たウェディングドレスを手掛けた、デザイナーのオスカー・デ・ラ・レンタが、20日夕方、コネティカットの自宅で亡くなっていたことがわかった。82歳だった。死因は明らかになっていないが、06年にがんを患っていたという。

【写真を見る】82歳だったという/写真:SPLASH/アフロ

ピープル誌など各メディアが報じたところによれば、オスカーが所有するファッションカンパニーのエグゼクティブでもあるステップドーターと義理の息子が手書きの声明文で明らかにしたもので、オスカーは自宅で家族や友人、そして数匹の犬に見守られながら静かに息を引き取ったという。

オスカーのドレスは、約40年間にわたってファーストレディやセレブたちに愛され続けてきた。ジャッキー・ケネディ、ナンシー・ローガン、ローラ・ブッシュ、ヒラリー・クリントン、ミシェル・オバマらファーストレディをはじめ、オードリー・ヘプバーン、サラ・ジェシカ・パーカー、キャメロン・ディアス、ニコール・キッドマン、ペネロペ・クルス、ジェニファー・ローレンス、エマ・ワトソン、ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフト、ルピタ・ニョンゴなどセレブファンも多く、アカデミー賞などのレッドカーペットで、オスカーのドレスがベストドレッサーに選ばれることが多かった。

アマルのウェディングドレスを手掛けた際、彼女のドレス姿を見ながら満足そうにほほ笑む元気そうなオスカーの写真が掲載されており、突然の死を悼む声も多い。なお、オスカーの亡きあとは、妻と養子の息子がブランドを継承するという。【NY在住/JUNKO】