廃道探索の人気DVDシリーズが映画化(C)2014 O project all rights reserved.

写真拡大

使われなくなり放棄された道「廃道(はいどう)」をテーマにしたドキュメンタリー映画「The Obroaders オブローダー 廃道冒険家」が、11月22日から東京・テアトル新宿にて公開されることが決まった。

オブローダー(廃道冒険家)と呼ばれる、廃道の探索に人生をかけて挑戦する平沼義之と石井あつこが各地の廃道を探索する人気DVDドキュメンタリー「廃墟賛歌 廃道」シリーズを映画化。平沼はオブローディング(廃道探検)の第一人者として、これまで1億PVを超える自身のサイト「山さ行がねが」で廃道を紹介しているほか、「廃道本」(実業之日本社)や「廃道をゆく」シリーズ(イカロス出版)といった著作も出版。廃道カルチャーのカリスマとして、たびたびメディアにも登場している。一方の石井は、普段は会社員をしながら、休日になれば廃道を求めてアクロバティックに野山に分け入り、その姿がNHK BSの「熱中スタジアム」といった番組で紹介され、旅行会社の企画した廃道のツアーガイドやイベント出演もオファーされる、廃道界のアイドル的存在だ。

映画は、これまでのDVDシリーズから、神津島(東京都)の砂糠山廃道、戸倉峠(兵庫県〜鳥取県)の未成隧道、新島(東京都)の若郷新島港線など、珠玉の廃道をチョイス。新規撮影と未公開映像も交え、シリーズの集大成ともいえる作品に仕上がっている。映像制作は、これまでも軍艦島(長崎県端島)や廃道のDVDを生み出してきた、クリエイティブユニット「オープロジェクト」(黒沢永紀、大西悟、山内悟)が担当している。

■関連記事
美術館ビジネスの舞台裏を追う「みんなのアムステルダム国立美術館へ」予告編公開
F・ワイズマンが英ナショナル・ギャラリーの裏側に迫る新作予告公開
渡辺謙、スコセッシ監督のドキュメンタリー映画の日本語版ナレーターに決定!
荻原次晴氏、ドキュメンタリー「アンナプルナ南壁」は「アナ雪」超え?
西島秀俊がナレーション!全編空撮のドキュメンタリー「天空からの招待状」日本公開決定