「GONIN サーガ」東出昌大が演じる主人公・久松勇人(C)2015「GONIN サーガ」製作委員会

写真拡大

石井隆監督の名作バイオレンスアクション「GONIN」の続編「GONIN サーガ」が、このほどクランクアップを迎えた。あわせて主要キャストの東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信を写した場面写真が初公開され、各キャストが撮影を終えた心境についてコメントを寄せた。

1995年に製作・公開された前作「GONIN」は、バブル崩壊で多額の借金を背負い、社会からつまみ出されてしまった男たちによる暴力団事務所強盗計画の顛末を描いた。続編となる今作は、その19年後を舞台に、かつて死闘を繰り広げた男たちの息子らに焦点を当てて描かれる。

主演の東出は、前作で鶴見辰吾が演じた暴力団大越組の若頭・久松茂の息子・久松勇人に扮した。ヤクザの父に似ず、心根の優しい青年の勇人だったが、ある事件をきっかけに父が破門された五誠会に復讐を誓う。場面写真には、雨が降りしきる中、拳銃を手に意味ありげな視線を投げかけている姿が映されている。

東出は「石井組という素晴らしい組で約1カ月演じさせていただいたのは、今まで経験したことのないような現場で、貴重な経験になりました」とコメントを寄せており、充実した撮影を伺わせる。そして、「自分自身の反省点もありますが、みんなで作った現場なので今は作品の完成が待ち遠しいです。撮影が終わってしまった寂しさはありますが、お客さんの手に渡って初めて映画は完成すると思っているので、その日を楽しみにしてます」と続けている。

大越組組長・大越康正(永島敏行)の息子で、五誠会で用心棒を務める大越大輔役の桐谷は、「大変なこともあったけれど、しっかり撮り切った! というのはやはり監督の強い思いであり、人柄であり、だからこそ役者もついていけたと思います」と述懐。五誠会の2代目に秘密を握られて強請られ、今は3代目の愛人に成り下がっている元グラビアアイドルの菊池麻美を演じた土屋は、「撮影中も監督の、あのつぶらな瞳に、やられてました」、19年前の事件を追う謎のルポライター・森澤慶一に扮した柄本は、「石井監督の世界の中で演じ切れて、本当に幸せな時間でした」と語っている。

五誠会の3代目で芸能事務所社長、麻美を囲っている式根誠司を演じた安藤も、「誠司は人間の悪の部分を徹底して背負い、それを貫かなければいけない役だったので石井監督とも何度もディスカッションしながら撮影をしていきました。僕も、自分のためでもあるけれど、何より監督が喜ぶような僕を選んでよかったと絶対思ってもらえるようにと考えながら最後までやり切りました」とコメントしている。2015年秋公開予定。

■関連記事
石井隆監督「GONIN」19年ぶり続編製作決定!主演は東出昌大
本田翼、「アオハライド」制服姿で“オタク女子”な一面のぞかせる
本田翼&東出昌大「アオハライド」いきものがかりの主題歌が光る予告編完成!
桐谷健太×新井浩文×皆川猿時「バクマン。」に“漫画家”役で参戦!
「寄生獣」深津絵里&東出昌大、顔割れ“パラサイト”ビジュアル初公開!