本物のライオンと対決した「ダチョウ倶楽部」

写真拡大

映画「ヘラクレス」の公開記念イベントが10月21日、東京・新宿ステーションスクエア広場で行われ、「ダチョウ倶楽部」の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵が本物のライオンと対決した。

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの知られざる戦いと素顔を描いたアクション巨編。ヘラクレスが行った“12の難業”のひとつとして、武器が全く通じない“ネメアの獅子”と戦う描写があり、劇中でヘラクレスは戦利品として得た毛皮をかぶっている。

3人は古代ギリシャ風の白い装束で登場した3人だったが、ライオンの堂々たる姿にタジタジ。“ネメアの獅子”を挑発し目覚めさせるという企画だが、3人が仕事でライオンと対峙するのは、20数年ぶりだという。

リーダーの肥後が「こういうのは武井壮を呼べよ! ウチはそういうの、やってないんだよ」と言えば、寺門も「気持ちはヘラクレスだけどね。バラエティにないケモノ臭がする」と及び腰。肥後から「おまえのカミさんと同じにおいがするな」と挑発された上島は、「そうそう、ウチのカミさんも……、バカヤロー!」とお約束芸で会場の笑いを誘っていた。

前日まで滞在していた主演のドウェイン・ジョンソンは、3人がライオンに立ち向かうための“武器”として、長い棒にメスライオンの写真やぬいぐるみを貼り付けた長い棒などを残していった。肥後がメスライオンの写真で挑発したものの、ライオンは腰を浮かしただけ。だが、上島が猫じゃらしを差し出すとガブリ。そして最後に、“肉食系”を自認する寺門が風船をライオンの前に出すと鋭い爪で一瞬で風船を割ってしまった。

“勝者”に認定された寺門は、高級牛肉を賞品として受け取ったが、健闘を称え牛肉1キロをライオンに手渡すという栄誉も。恐る恐る牛肉をライオンに投げると、瞬く間にペロリ。同じ肉好きとして心が通じたようで、寺門はご満悦だった。「ヘラクレス」は、10月24日から公開。

■関連記事
【フォトギャラリー】「ヘラクレス」ダチョウ倶楽部イベント
【特集】「ヘラクレス」
“ザ・ロック”ドウェイン・ジョンソン「ヘラクレス」引っさげ12年ぶりに日本上陸!
「ヘラクレス」キャラクター紹介映像を独占入手!
ドウェイン・ジョンソン主演「ヘラクレス」予告編公開 圧巻の肉体美を披露