ポール・アデルスタイン

写真拡大

米ABCの政治ドラマ『スキャンダル 託された秘密』シーズン4に、ポール・アデルスタインが再登場することが明らかになった。

【関連お先見】『スキャンダル 託された秘密』全米大人気のメロドラマ(!?)政界サスペンス、新シーズンで超ヒートアップ!

ポールは前シーズンで、ケイト・バートン演じる副大統領サリー・ラングストンの選挙コンサルタント、レオ・バーゲン役で複数回のエピソードに登場し、その徹底したへつらいぶりが人気を集めた。米Entertainment Weeklyによると、ポールがシーズン4でいくつのエピソードに出演するかは明らかにされていないが、少なくとも11月にオンエアされるエピソード1話に登場することが確定している。またポールの復帰にともない、レオが仕えるサリー役のケイトも再登場するのではないかとの見方が広がっている。

ポールは2013年に終了したションダ・ライムズの医療ドラマ、『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』で全6シーズンにわたって小児科医のクーパー・フリードマンを演じており、『スキャンダル』は2本目のションダ・ライムズ作品となる。夫人のリザ・ウェルもやはり『スキャンダル』でホワイトハウス高官、アマンダ・タナーを演じたションダランドの常連で、現在は新作『How to Get Away with Murder』に出演中だ。

また、このシーズン4では、同じく『プライベート・プラクティス』の精神科医シェルダン役で人気を博したブライアン・ベンベンが極秘扱いのキャラクターで、『ボディ・オブ・プルーフ』のレイシー役で知られるメアリー・マウサーが大統領の娘カレン役でキャスト入りすることが決まっている。

『スキャンダル』シーズン4は米ABCにて毎週木曜9時から放送中。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『グレイズ・アナトミー』クリエイターの新作『How to Get Away with Murder』がシーズン1全話の製作決定!『プライベート・プラクティス』ブライアン・ベンベン、『スキャンダル』にゲスト出演!『スキャンダル』のケリー・ワシントンが、第一子となる女児を出産!