わたしたち、映画化するの!!
 - John M. Heller / Getty Images

写真拡大

 「トランスフォーマー」「G.I.ジョー」などのおもちゃを販売しているアメリカの大手玩具メーカー・ハズブロが、ユニコーンやポニー、ペガサスなどをモチーフにしたおもちゃ「マイリトルポニー」のアニメ映画を製作していることがわかった。2017年のアメリカ公開を目標にしているという。Varietyが報じた。

 これらのおもちゃは、ハズブロのテレビ番組制作部門であるハズブロスタジオによりテレビアニメ化されており、180か国で放映されているほか、日本でも「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」のタイトルで放映された。ハズブロスタジオの社長であるスティーヴン・デイヴィスは、このアニメの成功が映画化企画を後押ししたことを明かし、「テレビで伝えきれない大きな物語を描くことができる機会が与えられました。テレビを大きなスクリーンに映し出すこととは違います。そして、フランチャイズを展開していくチャンスにもなるでしょう」と語っている。

 映画の脚本は、テレビアニメ版を担当しているミーガン・マッカーシーと、『悪魔の毒々パーティ』(日本劇場未公開)のジョー・バラリニが担当するという。まだ配給会社や製作スタジオは決定していないようだが、デイヴィス社長はできる限り多くの劇場に配給したいとコメントしている。(編集部・井本早紀)