アメコミ映画に引っ張りだこ! - トム・ハーディ
 - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス(原題) / X-MEN: Apocalypse』の悪役の候補に、トム・ハーディが挙がっていることがわかった。The Warpが報じた。

 本作は、シリーズ初期から製作に携わっているブライアン・シンガー監督がメガホンを取る最新作。詳細は明らかになっていないものの、不死のミュータント・アポカリプスが支配する世界を舞台にしたコミック「エイジ・オブ・アポカリプス」を踏まえたストーリーになると予想されている。

 その悪役アポカリプスを演じる俳優の候補に、『ダークナイト ライジング』でも悪役ベインを演じた、トム・ハーディの名前が挙がっているようだ。

 トムは、DCコミックスが原作の『スーサイド・スクワッド(原題) / Suicide Squad』のキャスト候補になったと伝えられたばかり。20世紀フォックスの『X-MEN:アポカリプス(原題)』が2016年5月27日に全米公開を予定しているのに対し、ワーナー・ブラザースの『スーサイド・スクワッド(原題)』の公開予定は同8月5日。2作は公開日が近いことから、トムはどちらか片方を選ばなければならないとみられている。(宮本裕人)