「みんなのアムステルダム国立美術館へ」場面写真(C)Pieter van Huijstee/Column Film

写真拡大

改修からオープンまで、およそ10年を費やしたオランダ・アムステルダム国立美術館の真実を追ったドキュメンタリー「みんなのアムステルダム国立美術館へ」の予告編が、このほど公開された。展示品からは知ることのできない、美術館ビジネスの困難や苦悩が映し出される内容となっている。

2004年の改修事業開始から、地元住民の猛反対によって工事が頓挫する様子をとらえた前作「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」に続き、今作は13年4月のグランドオープンまでの紆余曲折を追った。学芸員や建築家、キュレーターら美術館に携わる個性的な人々がオープンを目指して奮闘する姿や、展示品の選定、修復作業、作品購入といった舞台裏を余すところなくカメラに収めた。

予告では、学芸員や建築家ら“美術館サイド”が興奮の面持ちで構想や熱意を語るも、アムステルダム市民は断固反対の姿勢を崩さない。美術館と市民が対立を深めていく一方で、レンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」、日本人にもなじみの深い「金剛力士像」など数々の傑作が映し出され、見る者に“誰のための美術館なのか”という問いを投げかける。

「みんなのアムステルダム国立美術館へ」は、12月20日から渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開。

■関連記事
【動画】「みんなのアムステルダム国立美術館へ」予告編
【作品情報】「みんなのアムステルダム国立美術館へ」
前作から4年、美を作る現場を追ったドキュメンタリー「みんなのアムステルダム国立美術館へ」公開
F・ワイズマンが英ナショナル・ギャラリーの裏側に迫る新作予告公開
アートファン必見! 名画を映画化した体感型作品「ブリューゲルの動く絵」