中国メディアの北京商報は14日、日本を訪れた記者の手記を掲載し、日本で見かけた自動車はほとんどが日本車だったと指摘、「日本人はなぜ日本車を好むのだろうか」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)  Lucian Milasan /123RF.COM)

写真拡大

 中国メディアの北京商報は14日、日本を訪れた記者の手記を掲載し、日本で見かけた自動車はほとんどが日本車だったと指摘、「日本人はなぜ日本車を好むのだろうか」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の2014年上半期における乗用車車名別販売ランキングで、1位がアクア(トヨタ)、2位がフィット(ホンダ)、3位がプリウス(トヨタ)、4位がカローラ(トヨタ)、5位がノート(日産)であったことを紹介し、日本車がランキングの上位を独占していると伝えた。

 さらに「日本では駐車場に停まっている自動車は大半が小型車だった」と指摘し、日本滞在中はドイツメーカーの自動車は散見したが、米国車や韓国車、フランス車はほとんど見かけなかったと振り返り、「日本の道路は日本車が支配していた」と指摘した。

 続けて、日本人が日本車を支持する理由として、「日本政府が国産品に対する補助政策を実施しているから」と主張し、エコカー減税などの存在を挙げたうえで、エコカー減税の対象となるのは大半が日本車であり、輸入車は国土交通省が定める基準値の条件を満たせず減税対象になりにくいと主張。

 米自動車メーカーのGMやフォード、クライスラーからの抗議によって、日本政府はエコカー減税の対象車とするうえでの条件を変更したとし、43車種の輸入車がエコカー減税の対象車の対象車となったと紹介する一方、「日本政府は間接的な保護政策によって日本車に対する需要を喚起している」と論じた。

 また記事は、日本では日本車のランニングコストのほうが、輸入車よりも遥かに安上がりであることも消費者が国産車を選ぶ理由だと指摘。「東京では輸入車を見かけることもあったが、それでも日本車のほうが圧倒的に多かった」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)  Lucian Milasan /123RF.COM)