映画「ベイマックス」(写真上)日本語版エンディングをAI(写真下)が歌う(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「ベイマックス」の日本版エンディングソングに、歌手・AIの楽曲「Story」の英語歌詞版「Story (English Version)」が起用されることが決まった。

「ベイマックス」は、事故で兄タダシを亡くした少年ヒロが、人々を癒すために開発されたケアロボットのベイマックスとともに兄の死の真相に迫り、絆や勇気の大切さを描いている。

日本版エンディングソングのもととなった「Story」は、AIが2005年にシングルとして発表した楽曲。その歌詞に込められた優しさが、「まるで傷ついたヒロと、ヒロの心とカラダを守るために寄り添うベイマックスのことかのようだ」と、米ディズニー担当者が日本語版エンディングソングとしての起用を打診。同楽曲には偶然にも未発表だった英語歌詞版が存在したことから、「Story (English Version)」が日本版のエンディングを飾ることとなった。

AIは、「『Story』は、大切な人を想う気持ちを描いた、私にとっても大事な曲。亡くなった兄タダシの分身のようなベイマックスが、たとえ自分が傷ついてもヒロを一途に守ろうとする姿が、まさに私が『Story』で伝えたかった“無償の愛”と重なります」と楽曲と映画で描かれるテーマの共通性についてコメント。「人は、誰かとつながっている。決して一人じゃない……という『Story』のメッセージを、映画『ベイマックス』に乗せて再び世の中に贈れることを幸せに思います」と話している。

「Story (English Version)」は、10月22日からiTunesおよびレコチョクにて配信限定シングルとしてリリース。25日から映画館で上映される「ベイマックス」最新予告編にも使用される。

「ベイマックス」は12月20日全国公開。

■関連記事
「ベイマックス」ノスタルジックな“日本の夕焼け”ビジュアルお披露目
ディズニー最新作「ベイマックス」主人公のフルネーム&最新ポスター公開
菅野美穂&小泉孝太郎、ディズニーアニメ「ベイマックス」日本語版声優に決定!
ディズニーの新キャラ「ベイマックス」にトトロの影響? 優しさあふれる映像公開
「ベイマックス」、サンフランシスコと東京を融合した街の場面写真が初公開!