世界規模のマネーロンダリングの真相を暴く写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

「ブレイキング・バッド」「GODZILLA」のブライアン・クランストンが、新作スリラー映画「The Infiltrator(原題)」で潜入捜査官を演じることが決定した。

原作は、コロンビアの麻薬カルテルを中心とした裏社会で、5年間の潜入捜査を行ったロバート・メイザーが記した同名の回顧録。メイザーの捜査によって、麻薬王パブロ・エスコバルや汚職政治家たちのために暗躍していた銀行家が逮捕され、世界をまたにかけたマネーロンダリングの真相が暴かれた。クランストンは、ボブ・ムセッラの偽名で捜査活動を行っていたメイザー役を演じる。

メガホンをとるのは、クランストンが出演した映画「リンカーン弁護士」のブラッド・ファーマン監督。ミリアム・シーガル(「善き人」)が、自身の製作会社グッド・フィルムズの第1弾作品としてプロデュースを手がけ、来年1月からロンドン、パリ、フロリダで撮影が行われる。

クランストンは現在、「ローマの休日」「パピヨン」の脚本家ダルトン・トランボの伝記映画「Trumbo(原題)」を撮影中。レオナルド・ディカプリオが製作を務めたファーマン監督作「ランナーランナー」は、11月21日に公開される。

■関連記事
「ブレイキング・バッド」衝撃の別エンディングが公開!
「GODZILLA」続編は2018年公開!モスラやキングギドラも登場
ブライアン・クランストン主演舞台劇、ブロードウェイの興行記録を更新
「カンフー・パンダ3」、ブライアン・クランストン&マッツ・ミケルセンが参戦
米サイト選出「ハリウッドのセクシーなヒゲ男51人」