森三中・大島美幸

写真拡大

女性お笑いトリオ「森三中」の大島美幸が10月20日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演作「福福荘の福ちゃん」の完成披露試写会に出席した。

現在は“妊活中”で芸能活動をセーブしており「こうして皆さんの前に立つのは久しぶり。緊張しております」。映画初主演にして丸刈りで男性役に挑んだ大島は、カナダ・モントリオールで開催された第18回ファンタジア国際映画祭で見事、最優秀女優賞を受賞し「うれしさと同時に『嘘だろ』と笑ってしまった」と初対面した賞状を手に、満面の笑みを浮かべた。

試写会には大島をはじめ、共演する水川あさみ、荒川良々、徳永ゆうき、藤田容介監督が出席。映画はおんぼろアパート「福福荘」に暮らすお人好しの塗装職人・福ちゃんこと福田辰男(大島)が、女性恐怖症の原因となった中学時代の初恋相手・千穂(水川)との再会を通して、不慣れな恋に心震わす姿をハートウォーミングに描いた。

昨年、本作のクランクインを前に、チャリティ番組のマラソンに挑戦した大島は「3カ月で15キロやせた後で、この映画で10キロ太ることに(笑)。普段なら太るのも苦ではないが、3カ月も運動していたので、なかなか体重が増えなかった」と“オッサン体型”を維持する役作りに苦労した様子。藤田監督は「大島さんに断られたら、この映画は終わりだった」と振り返り、映画の完成に安どの表情だった。

一方、ヒロインを演じる水川は「現場の大島さんは見事にオッサンでしたね。同じ女性という意識もなかったので、手をつないだり、寄り添ったりするのも恥ずかしくなかった。それはそれで失礼なんですけど(笑)」と大島のオッサンぶりに太鼓判を押していた。

「福福荘の福ちゃん」は11月8日から全国公開。イギリス、ドイツ、イタリア、台湾など海外での公開が決定している。

■関連記事
森三中・大島がおっさん役で女優賞を受賞した「福福荘の福ちゃん」予告編完成
5万回斬られた男・福本清三、カナダの映画祭で男優賞受賞 森三中・大島は男役なのに女優賞
大島美幸「福福荘の福ちゃん」“おっさん”になりきったキービジュアル公開
大島美幸主演「福福荘の福ちゃん」、伊ウディネ・ファーイースト映画祭に出品!
大島美幸、おっさん役で「自分の中の男性ホルモン全て出し切った」