岡田将生、ポールダンサーたちとイベントに登壇

写真拡大

岡田将生、広末涼子共演の『想いのこし』(11月22日公開)のスペシャルシネマトークショーが、鶯谷の東京キネマ倶楽部で開催された。岡田将生、巨勢竜也、平川雄一朗監督、主題歌「あなたを想う風」を歌ったHY、 本作で岡田のポールダンスを指導した、ポールダンス世界チャンピオンのREIKOや、ポールダンサーのeMy、MOMOが登壇。最初に、ダンサー3人のポールダンスが披露されると、岡田は「すごいですね。力強くてエロくて。僕もエロくできたかなと心配になっちゃいました」と、3人を賞賛した。

【写真を見る】セクシーなポールダンサー3人のアクロバティックなダンスに興奮!

本作で、ポールダンスに初挑戦した岡田。「痛いんですよ。みなさんが思っている以上に。僕は男だから良いけど、女性だとアザが…」と苦労を告白。平川監督も「岡田くん、映画のなかでは痛いのを我慢して、必死に頑張った」と岡田をねぎらった。また、指導したREIKO先生も「練習時間が少なくても、撮影の日はどんどん迫っていって。擦り傷だらけになってやられていたのを見て、すごく胸が痛かったです」と撮影時を振り返った。

その後、登壇できなかった広末涼子からのビデオメッセージが流された。「岡田くんについていくように、一生懸命練習しました」という広末のコメントに対し、岡田は「僕の方が広末さんの明るさに助けられながら撮影に臨みました」と感謝の言葉を述べた。REIKO先生は、広末について「かなり素質がある。フィジカル面が強いし、体育会系。どんなに痛くても1回も痛いと言ったことがなかったです」と、広末の女優魂を称えた。

『想いのこし』では、女たらしでダメ男のガジロウ(岡田将生)が、大金を目当てにこの世を去った4人の人生最期の想いを届けようと奔走する。心温まるドラマはもちろん、岡田や広末の華麗なポールダンスのシーンにも注目したい。【取材・文/山崎伸子】