「アンダー・ザ・ドーム」はシーズン3に突入写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

スティーブン・スピルバーグ制作総指揮&ハル・ベリー主演のSFドラマ「Extant」と、スティーブン・キングのベストセラー小説をドラマ化した「アンダー・ザ・ドーム」の継続が決定した。2作品とも来夏、新シーズン(エピソード数未定)がスタートする。

米CBSが放送する両ドラマは、スピルバーグ監督の製作会社アンブリンの制作。「Extant」は、13カ月の単独宇宙滞在ミッションを終え、地球に帰還した宇宙飛行士(ベリー)が、人類の存亡に関わる陰謀に巻き込まれていく姿を描くSFサスペンスで、真田広之がレギュラー出演。シーズン1の最終話は視聴者数540万人、シーズンを通しての平均視聴者数は864万人を記録した。先日、シーズン2のフィナーレを迎えた「アンダー・ザ・ドーム」は、平均視聴数1100万人と、前シーズンには及ばないものの好調をキープした。

一方で、今年スタートしたリーガルドラマ「Reckless」は、平均視聴者数がおよそ400万人で視聴率も伸び悩み、シーズン1で終了することが決定。一度見聞きしたものを完全に記憶する能力を持つ女性刑事が事件を解決していくミステリー「アンフォゲッタブル 完全記憶捜査」(11〜)は、正式な発表はないもののシーズン4の制作に向け交渉が進められているようだ。

■関連記事
ハリウッドで活躍する尾崎英二郎、スピルバーグ制作総指揮ドラマで真田広之と共演!
スピルバーグ、テレビ版「アンダー・ザ・ドーム」の成功で新ドラマに着手
真田広之、スティーブン・スピルバーグの新ドラマに出演
Hulu、米放送後1カ月内の作品配信決定
オバマ大統領の長女、ハル・ベリー主演の新ドラマで制作アシスタントに