セクシーポーズを披露する高崎聖子(左)、倉持由香(中央)、鈴木咲(右)

写真拡大

“グラビア界の救世主”高崎聖子、“100cmのもっちりヒップ尻職人”倉持由香、“異色のAカップ・アイドル”鈴木咲という、3人のグラビアアイドルで結成された“ポニーキャニオン グラドル映画宣伝部”。そんな彼女たちといっしょに映画を鑑賞し、トーク&撮影会も楽しめるイベントが、10月19日に池袋シネマ・ロサにて開催された。

【写真を見る】小悪魔風のセクシー衣装で登壇したグラドル映画宣伝部のメンバー

こちらのイベントは、高崎たちの「ファンの人たちといっしょに怖い映画が観たい!」という一言から生まれた企画で、タレント自身が出演していない映画を劇場でファンといっしょに見るという催しは、ポニーキャニオンとしても初の試みだという。だが、実際にチケットの販売がスタートすると、瞬く間に売り切れとなり、当日も会場が満席になるほどの盛況ぶりで、作品をイメージしたセクシー衣装を着た3人が登場するや、客席からは歓声と拍手が沸き起こった。

今回、イベント上映が実施されたのは、『放送禁止 洗脳 邪悪なる鉄のイメージ』という作品。2003年にフジテレビで放送され、大反響を呼んだカルト深夜番組「放送禁止」シリーズの劇場版第3弾で、あることがきっかけで強い洗脳を受けた主婦を中心に、幸せな家庭が崩壊した真相を探るというミステリー仕立てのフェイク・ドキュメンタリーになっている。

上映終了後、再びステージに登壇した3人は、映画の感想を聞かれ、「難しい映画ですね。合間、合間で説明的なカットが入るので、何とか理解できたんですけど、自分も洗脳されそうな気分になりました」(高崎)、「上映前に“画面端から目を離さないように”と言われていたんですけど、その意味が分かりました。何気ない小道具や人の仕草に、実はすごい秘密が隠されていたりして。後になってその意味が分かった時は、思わずゾクッとなりました」(倉持)、「私と由香ちゃんは、そういったシーンに気づく度に目を合わせて、お互いに確認し合っていたんですけど、たかしょー(高崎)とは一度も目が合いませんでした」(鈴木)とコメント。これを受けて高崎は「私、全然気づかなかった。家族の話に感情移入しすぎて、最後は泣きながら見てました」と話し、2人から「たかしょーは単純だから、すぐに洗脳されそうで怖いですね」と突っ込まれると、会場からは笑いが起こった。

さらにトークイベントが終了すると、彼女たちを自由撮影できる撮影タイムがスタート。なかにはプロ顔負けの機材を用意して、万全の態勢で撮影に臨む来場者もいて、こちらも大盛り上がりとなった。彼女たちの今後さらなる活躍が気になる人は、グラドル映画宣伝部Facebookにて、その動向をチェックしよう。ファンからの要望が多ければ、今回のような映画鑑賞会が再び開催されるかも!?【取材・文/田井成樹】