故松田優作さんが主演した傑作がブルーレイ化(C)1983 日活/東宝、(C)KADOKAWA 1980、(C)KADOKAWA 1979

写真拡大

故松田優作さんが主演した傑作「野獣死すべし(1980)」「蘇える金狼(1979)」が、没後25年となる11月6日に初の4K Scanningでブルーレイ化されることがわかった。なお、10月15日には故森田芳光監督とタッグを組んだ「家族ゲーム」が、初ブルーレイ化されている。

「野獣死すべし(1980)」「蘇える金狼(1979)」は、村川透監督がメガホンをとったハードボイル作品。今回、2作品で撮影監督を務めた仙元誠三監修のもと、オリジナルネガに広色域カラーコレクションを施したデジタルニューマスター仕様でブルーレイ化。ともに、映像特典として劇場予告編、封入特典として復刻プログラムが付属する。

「野獣死すべし(1980)」は、戦場で野獣の血を目覚めさせた元カメラマンが、管理社会の安穏とした生活に犯罪で挑む。10キロ減量し鬼気迫る演技を見せた松田さんのほか、鹿賀丈史、故室田日出男さん、小林麻美らが出演。「蘇える金狼(1979)」は、昼は平凡なサラリーマンを装いながら、夜は体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男の姿を描く。共演は風吹ジュン、佐藤慶ら。

■関連記事
「百円の恋」公開記念特集上映「松田優作の軌跡」が10月25日開催
「家族ゲーム」「遠雷」「人魚伝説」が初ブルーレイ化 今秋発売
松田美由紀、優作さん没後25年命日にファンへ感謝「魂は生き続ける」
出でよ、女・松田優作!第1回「松田優作賞」グランプリ受賞作が映画化決定
松田優作の秘蔵生歌声テープに、妻・松田美由紀もビックリ!