人気シリーズの第3弾が劇場公開

写真拡大

三浦しをん氏のベストセラー小説を映画化した「まほろ駅前狂騒曲」が10月18日、全国200スクリーンで封切られ、ダブル主演を務めた瑛太と松田龍平、共演の高良健吾、真木よう子、永瀬正敏、大森立嗣監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に立った。

映画「まほろ駅前多田便利軒」、連続ドラマ「まほろ駅前多田番外地」に続く人気シリーズ第3弾。この日は、劇場を埋め尽くしたファンから「おかえりなさい!」の合唱でお出迎え。このサプライズ演出に瑛太は「ただいま!」と感無量の面持ちで返し、松田も「びっくりして、うそでしょと思いました。帰ってこれてうれしいです」と挨拶した。

多田(瑛太)と行天(松田)の便利屋コンビが、子守りやバスジャックといったシリーズ最大の困難に見舞われる今作。瑛太は「『まほろ』というのは人生においても大事な作品」と打ち明け、「今後続けられるかは、お客さんにかかっている」と観客に呼びかけた。一方の松田は、「自身にとって行天とは」と聞かれると「ちょっとわかんないですね。仕事ですかね」と劇中さながらのジョークで観客の笑いをさらっていた。

そんな瑛太・松田と公私ともに仲が良い高良は「クランクインの前に瑛太さんが喝を入れてくれて、うれしかった」と感謝。ドラマ版でも出演を果たしている真木は「(瑛太と松田は)凶器みたいなふたりだから、懐に入っていったらボコボコにされるし、一定の距離を保っていかないと」と独自の視点で賛辞を送る。大森監督演出のドラマ「かなたの子」に続き2作目の出演となった永瀬は「ここにいらっしゃる方々は日本映画を支えている人たちばかりなので、みんながここに揃っているのかとびっくりしている。素晴らしかったです」とキャスト陣を褒めちぎった。

また、今作はポーランドで開催中のワルシャワ映画祭で上映されており、大森監督は一昨日帰国したばかりだが、「日本のお客さんと変わらず笑えるところは笑っているし、最後は拍手がバーッと起きて、お客さんも幸せそうに帰っていってくれた」と手応えありの様子。そして、「来週、台湾にも行ってきますので、『まほろ』を日本から世界に広げていきましょう!」と話し、客席からの喝さいを浴びた。

■関連記事
【インタビュー】瑛太&松田龍平が語る、新たな領域に踏み込んだ多田と行天の関係性
瑛太「まほろ」シリーズ続編について「多田と行天がバンドを組む」構想明かす
まほろシリーズは「寅さんを凌ぐくらい続けて」 原作・三浦しをん氏が続編を後押し
瑛太、「世界で誰にも出来ない芝居」と「まほろ」の松田龍平を絶賛
くるり、ニューアルバムから新たなMV完成