京都国際映画祭に参加した内田裕也

写真拡大

ロック歌手の内田裕也が10月17日、主演作「コミック雑誌なんかいらない!」が京都国際映画祭で特別上映されることを受け、イオンシネマ京都桂川で舞台挨拶に立った。前日に参加した祇園甲部歌舞練場でのオープニングセレモニーについて、「どっかの新聞で『裕也、舞妓を襲う』って見出しが出ていた。どこへ行っても俺を悪者にしやがって!」とボヤキながらも、「あれくらいインパクトがないとな! 面白いタイトルだったよ」と笑い飛ばした。

成人映画出身の滝田洋二郎監督が初めて手がけた一般映画で、内田は主演とともに高木功と共同で脚本を執筆している。内田扮する主人公の人気芸能レポーター・キナメリが、1985年に実際に起こった事件、事故、出来事を追いかけ、奮闘する姿を通して、大衆がワイドショーに踊らされていくことを皮肉った意欲作だ。

内田は、カンヌ映画祭監督週間に招待された当時に触れ、「スタートは不幸な作品だった。手ごたえがあったのに、どこも買ってくれなかった。落胆している時にカンヌから招待を受けてね」と話す。公式上映にも立ち会い、「クライマックスシーンまでお客さんは誰も帰らず、全員が立ち上がって『ブラボー』と言ってくれた。一生忘れられない光景。翌日から、29歳の新人監督が、カンヌのスターになったんだよ」と振り返った。

また、同日午前中に同映画祭で上映された品川ヒロシ監督作「ドロップ」の観客が8人だったことを話題にし、「俺は大好きな監督なんだけどな。しかし、市内からここまで遠いよ」と会場が分散化されていることに苦言。最近の日本映画界については、「悪いとは言わないけど、ほとんどの原作が漫画ばっかり。『蜩ノ記』とかは興味あるんだ。時代劇を一度やってみたいんだよなあ」と意欲をうかがわせた。

■関連記事
佐村河内氏の扮装したかった内田裕也「俺かビートたけししかできない」
たけし等身大“コマネチ”フィギュアに大照れ「俺だったら付き合わない」
ビートたけし、さくらももこと異色初コラボ!カルビーの奇抜アニメCM手がける
内田裕也、人生初のカラコン「なかなかイケる」とご満悦
内田裕也、60年代のニューヨーク滞在を振り返る