ドクター・フー

写真拡大

謎のベールに包まれた"ドクター"が、はるかな時空を旅する英国の人気番組『ドクター・フー』。英国では現在シーズン8が放送中で、ピーター・カパルディ(『官僚天国!〜今日もツジツマ合わせマス〜』)が12代目ドクターを演じている。

【関連記事】「『ドクター・フー』をもっと日本に広めたい!」 BBCワールドワイドジャパンに取材してきました!

50年の長き歴史を誇る本作においては、過去にさまざまな俳優たちがドクター役を演じてきた。最終回となる今回は、旧シリーズにおいて5〜8代目のドクターを演じた歴代俳優たちを取り上げる。

■ピーター・デイヴィソン(5代目ドクター役)
2代目ドクターを演じたパトリック・トラウトンのアドバイスに従い、イメージが固定化しないように3年(1981年から84年まで)で降板したというピーター。だが現在は、ファンイベントやオーディオドラマなど積極的に参加している。番組降板後は数多くのTV作品にレギュラー出演し、英国でロングラン放送中の『Law & Order: UK』に2011年から加わっている。現在63歳。
※なお、ピーターの娘ジョージア・モフェットも女優で、10代目ドクターを演じたデヴィッド・テナントと結婚している。

■コリン・ベイカー(6代目ドクター役)
1984年から86年までドクターを演じた。この頃『ドクター・フー』の視聴率は低迷しはじめており、BBC上層部の判断で役をおろされてしまったという経緯

があるコリンだが、その後、ラジオやCDで聴けるオーディオドラマの演技はファンから高く評価されている。番組公式マガジンでは「オーディオドラマにおけるベストの声優」に選ばれた。番組降板後は、多くのTV作品にゲスト出演し、舞台でも活躍。現在71歳。

■シルヴェスター・マッコイ(7代目ドクター役)
1987年から89年までドクターを演じた俳優で、彼を最後に『ドクター・フー』はいったん打ち切りになった(しかし、その後の空白期間をはさんで、96年のTVムービーの冒頭にも同役で登場している)。番組降板後はTV作品のほか舞台での活躍も増え、「リア王」ではイアン・マッケランと共演した。また最近は、映画『ホビット 思いがけない冒険』『ホビット 竜に奪われた王国』で、魔法使いラダガストの役を演じている。現在71歳。

■ポール・マッギャン(8代目ドクター役)
1996年に放送されたTVムービーでドクターを演じ、また今日に至るまで、オーディオドラマでも同役として声の出演を続けている。昨年、『ドクター・フー』50周年記念エピソードの前に放送されたミニエピソード『The Night of the Doctor』では、久々に8代目ドクターとして映像に登場し、話題を呼んだ。このほか映画『レインボウ』『太陽の帝国』、英国アカデミー賞を受賞したミニシリーズ『われらが友』など、多くの映画やTV作品で活躍中。犯罪ドラマ『刑事ジョン・ルーサー』での演技が印象に残っているドラマファンも多いだろう。現在54歳。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ドクター・フー』旧シリーズの歴代主演俳優5人による、50周年記念オーディオブックが発表『ドクター・フー』8代目ドクターのスピンオフを求める嘆願運動英国ドラマが米国ドラマをしのぐ日も近い!? BBCの番組セールスが絶好調!