イケメン俳優がスーパーヒーローにPhoto by Araya Diaz/WireImage

写真拡大

米ワーナー・ブラザースが、DCコミックのスーパーヒーロー、ザ・フラッシュを映画化する新作の主演に、エズラ・ミラーを起用したことを発表した。ミラーは「少年は残酷な弓を射る」「ウォールフラワー」の演技が絶賛され、実力派の若手俳優として近年、脚光を浴びている。

ザ・フラッシュ/バリー・アレンは、雷に打たれて超高速移動できる特殊能力を得たスーパーヒーロー。米CWネットワークでは、グラント・ガスティン主演でテレビシリーズ「ザ・フラッシュ」シーズン1が今年10月から放送スタートし、高視聴率を記録している。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ワーナーの映画版はCWのドラマ版とは違う、新たなキャストで製作されるようだ。映画「ザ・フラッシュ」は、2018年3月23日に全米公開。

なお、ワーナーはそのほかのスーパーヒーロー映画についても全米公開日を発表した。ザック・スナイダー監督「バットマン v スーパーマン ドーン・オブ・ジャスティス(原題)」が16年3月25日、デビッド・エアー監督「スーサイド・スクワッド(原題)」が16年8月5日、ガル・ギャドット主演「ワンダーウーマン(原題)」が17年6月23日、ザック・スナイダー監督「ジャスティス・リーグ(原題)」が17年11月17日、その続編が19年6月14日、ジェイソン・モモア主演「アクアマン」が18年7月27日、ドウェイン・ジョンソン主演「シャザム(原題)」が19年4月5日、レイ・フィッシャー主演「サイボーグ(原題)」が20年4月3日、「グリーン・ランタン」が20年6月19日に全米公開されることが、今のところ明らかになっている。

■関連記事
DCコミック原作の新ドラマ、コミコンでお披露目予定
「グリーン・アロー」に続き「フラッシュ」もテレビドラマ化
かもし出す“憂い”が人気の新ジャンル「シックボーイ」とは?
「プリズン・ブレイク」兄弟役、DCコミック新ドラマで再共演
セクシーでイノセントな19歳、「少年は残酷な弓を射る」の新星エズラ・ミラー