ちょっぴりうさんくさいチャーリー・モルデカイ!/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ジョニー・デップが主演映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(15年2月公開)の撮影に現れず、スタジオがカオス状態に陥ったと英紙デイリー・メイルが伝えている。

【写真を見る】ちょびヒゲとサングラスがトレードマーク!/[c] 2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

同作は英国バークシャーにあるパインウッド・スタジオで再撮が行われることになっていたが、肝心のジョニー・デップが現れず、撮影クルーやスタッフがパニックに陥ったらしい。また、折り悪く、当日撮影が予定されていたのはナイトクラブのシーンだったため、100人のエキストラも衣装やメイクをすませていたそうで、大勢の人々がひたすらジョニーの到着を待つという状態になってしまったようだ。

当日は共演のポール・ベタニーもスタンバイしていたようだが、数時間待機した後、ジョニーは頭痛のせいで撮影所に来られないことが判明して、俳優たちもスタッフも帰宅させられたらしい。

「再撮は7日間のスケジュールで進行することになっています。だから丸1日抜けてしまうというのは大変なことです。ジョニーはよっぽど具合が悪かったに違いありません。今後はみんなで力を合わせて必死に働かなくては撮影は終わらないでしょう」と関係者がザ・サン紙に話している。【UK在住/ブレイディみかこ】