写真提供:マイナビニュース

写真拡大

AKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が初主演する映画『超能力研究部の3人』(12月6日公開)の予告編映像が17日、公開された。

同作品は乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」のミュージックビデオになっている嘘の劇中オーディションから生まれた。『リンダリンダリンダ』『天然コケッコー』などを生み出し、『もらとりあむタマ子』で元AKB48・前田敦子の新しい一面を引き出した山下敦弘が監督を務める。原作は、監督が3人にインスパイアされて選んだ、大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』。

山下監督が設定したコンセプトは、「この脚本でも撮りつつ、この映画を撮っているという、メイキング風ドキュメンタリーも掛け合わせた一本の映画」。会議で飛び出した「どうせなら、もっと無理なことしません?」という挑発的な発言に挑んだ。超能力とUFOに真剣に取り組む女子高生を描いた青春映画であり、また、アイドルである3人が「女優」という新しい側面に向き合って成長していく姿を描いていることから、制作サイドは「真のアイドル映画」とアピールしている。

北石器山高校「超能力研究部」に所属する育子(生田絵梨花)、良子(秋元真夏)、あずみ(橋本奈々未)は、いわゆる"いけてない女子"で、日々超能力研究にいそしんでいる。ある日、スプーンを曲げるのを目撃され半ば強引に入部させられた同級生の森(碓井将大)が、「実は僕、宇宙人なんだ」と告白。森は生まれた星に帰りたいはずだと決めつけた3人は、高価なUFOマシーンを購入すべく無茶を重ねていく。3人のアイドルが山下監督の厳しい指導のもとで「女優」へと脱皮する悪戦苦闘の過程と物語が巧みに二重写しされて展開していく。

このほど公開された予告編では、清楚な乃木坂46のイメージから程遠い"いけてない"女子高生姿で超能力や恋、友情に奮闘する3人の姿が収録されている。ドラマとフェイクドキュメンタリーが交錯するという野心的な構成のため、"嘘"と"本当"の境界線があやふやな中で悪戦苦闘を繰り広げる3人の本音が見え隠れする。

(C)2014「超能力研究部の3人」製作委員会