気がつくと手の中にスマホが...!

寝起きでスマホをチェックして、通勤電車でも、食事中でも、トイレでも...と、常にスマホに触ってしまう現代人。1日の大半をスマホに費やしてしまう「スマートフォン依存症」(→Wikipedia)なんていう言葉も生まれています。

では、実際にどれくらいスマホを触っているのか? 調査したところ「平均すると1週間に1500回スマホに触る」など驚きの数字が出てきたんです。

1日3時間以上。朝はベッドに入ったまま

この調査は英マーケティング代理店Tecmarkが行ったもの。対象は2000人のスマートフォンユーザ。この調査で得られた「2000人の平均値」を並べてみると...。

・1週間に1500回以上スマホを触っている
・1日にスマホに費やす時間は3時間16分
・朝7:31にはスマホを手に持っている

多くのユーザが、朝はベッドに入ったままスマホを手に取り、メールやニュース、Facebookをチェックしているそうです。そのままネットバンキングやInstagramの投稿をしていた人もいたとか。この行動、身に覚えがある人も多いんじゃないでしょうか...?

現代人は「無意識」にスマホを触っている

また、調査では「10人に4人が無意識でメールチェックをしたことがある」「3分の2が無意識でFacebookにログインしている」という結果も

同社の社長であるRichard Heyes氏は調査の結果を受け、「スマートフォンはネットを通じて情報や友人に通じる手段であり、もはや深く染み付いた習慣になっている」とコメントしています。

たとえばお風呂に入るのに、まず右足から...なんて深く考える人はいませんよね。習慣になると何も考えなくても勝手に体が動きます。現代人にとってのスマホも、もはや習慣。何も考えなくても勝手に手が動いてしまうようです。

ただ、「10人に4人は手元にスマホが無いと落ち着かない」という結果も出ています。スマホに頼りすぎるにも、ほどほどに。

How often do YOU look at your phone? The average user now picks up their device more than 1,500 times a week[Daily Mail Online]