家庭でもできる口内炎の症状を和らげる方法
口内炎はつらいですよね? 虫歯や歯周病、不十分な歯磨き、喫煙、栄養不足などが原因で起こる日常的な症状だといいますが、できれば早く治したいと思う人がほとんどだと思います。そこで今回は、教えて!gooに寄せられた質問、

口内炎の治し方

と、その回答を参考に、家庭でもできる口内炎の症状を和らげる方法をまとめたいと思います。病院や歯科医院に行く時間がないという人は、チェックしてみてください。

■解決策その1:ビタミンの摂取

冒頭でも少し触れましたが、栄養不足によっても口内炎は起こるといいます。口内炎が見つかった時点で、

「ビタミンBの錠剤を飲みます。レバーなどにはビタミンBが多く含まれているので、そういったものも意識して摂ります」(kinyakinyaさん)

「満遍なくなんでも食べるようにする。(中略)…サブリメントを取る」(nemutaiazarasiさん)

「ビタミンを摂る」(nice-guy7762さん)

「ビタミン剤(を摂る)」(arucasさん)

といった方法を実践している人が多いようですね。市販のサプリメントの説明書を見ると、確かにビタミンB1、B2、B6には“皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがある”と書いてあります。予防も兼ねて普段から摂取を心掛けるのも良いかもしれませんね。

■解決策その2:青ジソやアロエなどの薬草

次は、青ジソやアロエを使う方法をご紹介します。

「アロエの葉を切り、そこから滴るエキスを患部に塗る」(ailurus-fulgensさん)

「2〜3枚の青じそを細かく刻みます。それを湯のみ茶碗に入れ熱湯を注ぎます(中略)…お湯が冷めてちょうどいいぬるま湯になったら、エキスが浸み込んだぬるま湯でぶくぶくうがい(ガラガラではないですよ)をします」(tenten525さん)

といった方法を試している人も居るみたいです。アロエもシソも近所のスーパーマーケットで買えるので、早速試してみたいですね。

■解決策その3:お酒やうがい液など殺菌効果のある液体を口に含む

最後は、お酒やうがい液など、殺菌効果のある液体を口に含む方法です。

「ちょっと強めのお酒(清酒、焼酎)を口の中をゆすぐようにして飲む。(中略)…洗口液で口内を洗浄する」(ailurus-fulgensさん)

「(うがい薬を)薄めてうがいでもいいでしょう」(arucasさん)

という意見がありました。うがい薬を直接綿棒で患部に塗るという方法も紹介されていましたが、かなりしみるみたいなので心して取り掛かってくださいね。

以上、家庭で口内炎の症状を和らげる方法をまとめましたが、いかがでしたか? ビタミンの摂取、シソなどの薬草、お酒やうがい薬を利用して口内炎の症状を和らげる可能性があると語りました。
ただ、口内炎が長引くようなら自己流の治療をするのではなく、病院や歯科医院に相談してくださいね。

坂本正敬(Sakamoto Masayoshi)